『何ものにも縛られないための政治学』 栗原康著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アナキズム研究者が繰り出す最新刊。型破りだがひきつけられる、不思議な魅力を放つ書籍だ。

 国家や憲法、議会選挙に所有権。当たり前と思っているものを「そんなのはいらない」と宣言する。権力は結局、人間を束縛するではないか。革命時に支配権力がない状態でも、人々はきちんと生きているではないか。一見すると青臭いだけの主張を、グルーブ感あふれる文体で、とりつかれたようにたたみかける。

 著者は、革命では新たな支配が生まれるだけだと喝破し、「戦闘的退却主義」を唱える。権力と正面衝突するのではなく、非対称なたたかい方をしたり、トンズラしたりする。「支配や権力にとらわれない生き方をしよう」との呼びかけには、多くの人を立ち止まらせる力を感じる。(KADOKAWA、1800円)(佑)

39993 0 記者が選ぶ 2018/09/12 05:25:00 2018/09/12 05:25:00 2018/09/12 05:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180906-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ