『全産業「デジタル化」時代の日本創生戦略』 藤原洋著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターネットの登場以来、日本企業は世界との競争に負け続けてきた。

 今、世界は「第4次産業革命」を目指し、モノをネットにつなぐ「IoT」や人工知能(AI)の活用を進める。ネット時代の起業家でもある著者は、この波に乗り遅れてはならないと説く。

 日本の敗因は、「旧態依然とした構造を規制で保護してきた」こと。その間に、「外来種による日本市場の席巻」がもたらされた。ネット通販大手・アマゾンの拡大はまさにそれを物語る。消費者は古い体質の日本企業より、安く便利な新サービスを選んだ。

 悲観することはない。第4次産業革命の本番はこれから。金融、物流、健康など、日本創生につながる分野は多々ある。実例を挙げて勇気づける。(PHP研究所、1600円)(知)

無断転載禁止
40912 0 記者が選ぶ 2018/09/19 05:20:00 2018/09/19 05:20:00 2018/09/19 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180911-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ