『光の人』 今井彰著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 戦後、数多くの戦災孤児が出た際、彼らの生活基盤を作るため孤軍奮闘した男性がいた。実在の人物をモデルにした小説だ。

 1958年、幸太郎は東京都内にアパートを借りて「命の家」と名づけた。義務教育期間ではなく、成人前で職業能力も身につけていない10代後半の男女が安心して暮らせる場を作ろうとしたのだ。ここでの生活を経て、紳士服の仕立て職人になった者も出た。時代を経るにつれ、施設は複雑な家庭の事情を抱えた者が増える。

 お金がないのに主人公はひたすら孤児に愛を注ぎ、「大事なことは子供を褒めて、認めてあげることです」と繰り返す。なぜ、ここまで……と思ったとき、戦争で負った彼自身の傷が浮かび上がる。こんな凡庸な言葉は使いたくないけれど、涙抜きには読めない。(文芸春秋、1800円)(待)

47368 0 記者が選ぶ 2018/11/07 05:25:00 2018/11/07 05:25:00 2018/11/07 05:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181029-OYT8I50081-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ