『スポーツ映画トップ100』 芝山幹郎著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 時代と並走し続ける評論家が古今東西のスポーツ映画と縦横無尽に組み合う。100本を順位をつけて紹介しているが、ただのランキング本ではない。

 はじめに著者は〈映画とスポーツは相性がよい〉と書き、その〈間柄〉を一本一本の作品を通して読み解いていく。作品が映し出すものと、自分の体に蓄積させてきた豊かな知識、記憶、体験を交錯させながら。肉体と頭脳とハートは〈映画の基本にして、スポーツの基本〉と指摘しているが、読むほどに、それは映画への向き合い方の基本でもあると感じる。映画とスポーツの魅力、味わい方の極意が詰まった一冊なのだ。

 1位にしたボクシング映画の語り口を〈静かで重心の低い平叙体〉と評する。さりげない深みを感じさせる著者の文章もまさにそうではないか、とも思う。(文春新書、980円)(恩)

48611 0 記者が選ぶ 2018/11/14 05:20:00 2018/11/14 05:20:00 2018/11/14 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181109-OYT8I50019-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ