『ブルーハワイ』 青山七恵著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 俳句に、薬喰くすりぐいという季語がある。冬場に滋養となるものを食べることだ。作家の短編集に触れて、ふとこの言葉を思い出した。

 <わたしたちみたいな、りっぱじゃない、気の小さい人間ばかりいる、秘密の花園みたいなところがあったらいいのにね>

 表題作のさりげない会話が胸に残れば、もう作家の世界にひきこまれている。都会での教員生活に疲れて地元に帰ってきた女性と教育実習時代の教え子。内気で真面目なかつての義兄をひそかに慕う女子高生。民謡のちゃっきり節全国大会のかつての優勝者……。

 内面にさびしさを抱える人々の生が、時にはきしみ音をたてながら少し前に動き出す。デビュー10年を過ぎて熟してきた著者の物語の言葉とともに、一編ごとに温かく染み込むのだ。(河出書房新社、1550円)(待)

48959 0 記者が選ぶ 2018/11/21 05:20:00 2018/11/21 05:20:00 2018/11/21 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181112-OYT8I50087-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ