幻の雑誌「大陸」を特集…早稲田文学

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「早稲田文学」2018年初夏号
「早稲田文学」2018年初夏号

 「『大陸』再発見」と銘打った特集を組んだ早稲田文学会発行の文芸誌「早稲田文学」初夏号が発売された。「大陸」とは、第2次世界大戦末期に中国・上海で出版され、長く存在を忘れられていた日本語の総合雑誌。北京外国語大の秦剛教授がこのほど、北京の図書館で存在を確認した。井伏鱒二をはじめ単行本化などがされていない作品も見つかり、今号の早稲田文学に20作余りを再掲した。

 中でも、井伏の「饒舌じょうぜつ老人と語る」は何げない短編を装いながら、戦時下に動物園の猛獣が「整理」されたことを記述し、驚かされる。日本の外地で出た雑誌は比較的自由に執筆できた例があり、当時の文学状況を知るうえで研究が必要という。1900円。

20687 0 ニュース 2018/05/14 05:20:00 2018/05/14 05:20:00 2018/05/14 05:20:00 「早稲田文学」2018年初夏号 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180507-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ