『大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる』刊行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

『大江健三郎賞 8年の奇跡「文学の言葉」を恢復させる』(講談社)
『大江健三郎賞 8年の奇跡「文学の言葉」を恢復させる』(講談社)

 2007年から14年まで計8回行われた「大江健三郎賞」の選評と対談を掲載した『大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復かいふくさせる』が、講談社から刊行された。

 <いま情報テクノロジーの支配する社会で、もっともせているのが、「文学の言葉」です>。このような大江さんの問題意識から賞は始まった。第1回の長嶋有さんをはじめ、中村文則、星野智幸、本谷有希子さんなど伸び盛りの作家に賞が贈られてきた。

 大江さんは、綿矢りささんに創作活動の情熱の源を問われ、<自分としてこの言葉を使いたいという強い気持ちです>と答えている。作家同士の信頼に基づく、深いやりとりが興味深い。1800円。

無断転載禁止
25669 0 ニュース 2018/06/19 05:20:00 2019/01/16 10:45:01 2019/01/16 10:45:01 『大江健三郎賞 8年の奇跡「文学の言葉」を恢復させる』(講談社) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180611-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ