「死海文書」…第1回配本『詩篇』刊行

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「死海文書 8 詩篇」(ぷねうま舎)
「死海文書 8 詩篇」(ぷねうま舎)

 20世紀最大の考古学上の発見といわれる「死海文書」の翻訳刊行(全12巻)が始まり、ぷねうま舎から第1回配本『詩篇しへん』が刊行された。

 1947年ごろ死海に近い遺跡洞窟で発見された「死海文書」は、約2000年前にヘブライ語で書かれた旧約聖書の写本を含む。現存する世界最古の聖書資料で、古代ユダヤ教や旧約聖書の研究に画期的な進展をもたらした。

 過去に一部翻訳されていたが、今回、聖書写本を除く約600点から、ある程度意味をなす文章をすべて訳出し、最新の研究を踏まえた傍注などを付した。勝村弘也、上村静訳。3600円。

30944 0 ニュース 2018/07/10 05:20:00 2018/07/10 05:20:00 2018/07/10 05:20:00 「死海文書 8 詩篇」(ぷねうま舎) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180702-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ