『山熊田』 亀山亮著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

キャプション別送り
キャプション別送り

 新潟県村上市山熊田。山形県との県境、どこまでも山深い集落・山熊田は、集団でクマを狩る巻狩りなど伝統狩猟を守るマタギ=写真=の村だ。その山熊田の四季の営みを土門拳賞写真家が撮り収めた。

 マタギといえばクマ狩りだが、実はそれだけではない。野生動物を雪中に追うのは冬。それ以外の季節は田畑を耕し、焼き畑でカブを育て、清流で川魚をり、シナノキの樹皮でシナ織りを織り上げる。つまりは山熊田のマタギは、自然の恵みを生活の糧とする達人たちなのだ。

 私もよく知る集落である。ここに映し出された暮らしを私もまた見ている。さらに山熊田は作家・熊谷達也の直木賞受賞作『邂逅かいこうの森』など「マタギ三部作」のモデルとなった村でもある。本書の写真に、南北に延びる日本列島の四季の自然の、暮らしの多様性に思いをはせるのもいい。そんな一冊である。

 夕書房 2800円

無断転載禁止
14371 0 書評 2018/04/02 05:20:00 2018/04/02 05:20:00 キャプション別送り https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180326-OYT8I50025-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ