評・宮部みゆき(作家)

『国宝の解剖図鑑』 佐藤晃子著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年の夏休みは本書を参考に、国宝巡りに出かけてはいかがでしょう。この『解剖図鑑』はシリーズで「神社」「仏像とお寺」「建築デザイン」などとあって、本書が最新刊。工芸品や絵画彫刻、建造物から歴史資料まで幅広く著名な国宝を紹介してあり、わかりやすい解説と詳細なイラストが特徴です。美術品や仏像には、所蔵場所や公開期間の情報もついている親切ガイド。まず巻頭の「国宝の基礎知識」を頭に入れたら、あとは自由に興味のあるものから読んでいくのも楽し。二つのコラム「やきものの見かた」「絵の見かた」もいい予習になります。

 イラストは89ページ掲載の阿修羅あしゅら像。奈良・興福寺にあるこの凜々りりしくてミステリアスな仏像の「正面の顔が悲しげ」なのは何故なのか。近年、都内で特別展示されたことがありますが、期間中は連日大混雑! 長時間待ちが当たり前で、泣く泣く諦めた私。奈良まで行きたくなってきました。(エクスナレッジ、1600円)評・宮部みゆき

31937 0 書評 2018/07/16 05:20:00 2018/07/16 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180710-OYT8I50055-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ