評・本郷 恵子(中世史学者・東京大教授)

『仏像と日本人』 碧海寿広著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 博物館や美術館で開催される仏像をテーマとする特別展が人気を集めている。近年では、ガラスケースで覆わず、360度から見ることができるなど、展示の方法にも工夫が凝らされ、新しい発見の喜びを与えてくれる。

 だが、見物人にぐるりと囲まれたり、しげしげと細部を検討されたりするとは、仏さまも仏師も予想していなかったにちがいない。もともと仏像とは、うす暗いお堂の奥に鎮座して、人々の祈りや願いを受けとめるものだ。

 本書は、観光としての古寺めぐりや、仏像を美術品として鑑賞することが、いつから始まり、どのように展開していったのかを、近代日本における文化財保護・近代的教養の形成との関わりの中であきらかにしていく。和辻哲郎『古寺巡礼』や土門拳の写真など、人々を仏像へと導き、一時代を画した作品についての分析も興味深い。

 観光立国を掲げる政策によって、文化財は保護の対象から、活用されるべき観光資源へと転換を迫られている。文化財の今日的意義について考えるためにも、本書はさまざまな示唆を与えてくれるだろう。

 中公新書、860円

41476 0 書評 2018/09/24 05:22:00 2018/09/24 05:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180918-OYT8I50035-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ