評・塚谷 裕一(植物学者・東京大教授)

『ニッポン離島の祭り』 箭内博行著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 数年前、九州の離島で植物を調査中に、たまたま集落の祭に立ち会ったことがある。独特な装束の若い衆たちが、一軒一軒を訪れては、その庭先で短い踊りを踊るというもので、私たち以外、村の人も含めて誰も見物人がいないという、気恥ずかしいほど素朴な祭であった。

 そうした祭は今日、本州では珍しい。大規模の有名な祭ともなると、当日に御輿みこしを担いでいるのは地元の人とは限らない。各地で御輿を担ぐことを趣味とする、いわゆるプロの担ぎ屋がいるからだ。それを見物するのも、ほとんどは外からの観光客である。

 本書は離島で営まれている祭を集めた写真集だ。祭を営む人々の雰囲気から、漁業の土地だとか、稲作の土地だといったことがよく分かる。地域が主になってこその祭であることを、再認識する写真群だ。参加者が一体となって楽しんでいるのが分かる祭もあって、それは見ていても楽しい。離島ならではのキャラクター、風習も珍しい。

 一方で本書は、少子化や過疎化により、次第にそれらの継承が難しくなっている現実も伝えている。

 グラフィック社、2200円

無断転載・複製を禁じます
44093 0 書評 2018/10/15 05:21:00 2018/10/15 05:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181010-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ