評・本郷恵子(中世史学者・東京大教授)

『細川忠利 ポスト戦国世代の国づくり』 稲葉継陽著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「細川忠利 ポスト戦国世代の国づくり」
「細川忠利 ポスト戦国世代の国づくり」

長く険しい平和への道

 群雄割拠・下剋上げこくじょうの戦国乱世を克服し、江戸時代に達成された「天下泰平てんかたいへい」は、日本の民間社会を成熟させ、近代日本へとつながる道を開いた。この世界史上でも珍しい長期平和状態は、どのようにして成立したのか。本書は細川家熊本藩主の初代となった細川忠利(1586~1641年)の生涯をたどって、戦乱から平和へのかけはしとなった「ポスト戦国世代」の国づくりを解明することを主題とする。

 忠利の母は明智光秀の娘玉(ガラシャ)、父忠興は、次々と替わる政権の主について戦い抜き、豊前一国と豊後二郡を領する小倉藩の藩主となった。父の20年にわたる治世の後、忠利は36歳でようやく当主となり、地域行政の再構築をはかる。ただし徳川幕府体制下では、江戸への参勤や将軍上洛への御供などのために国元を離れる期間が長く、当主不在でも国内統治が滞らないような制度設計が必要であった。

 10年の小倉藩統治を経て、細川家は肥後への国替えを命じられた。藩政は行き詰まり、熊本城も塀が崩れ、雨漏りがするという、ゼロどころかマイナスからの再出発である。忠利は百姓による再生産を国の根幹と看破し、役人に対しては「私なき様に」職務にあたるよう説いた。

 自国を確固たる統一体にまとめあげるだけでなく、幕府の強力な管理に従い、他国の模範ともならねばならないなど、ポスト戦国の大名は手足を縛られて泳ぐことを強制されているかのようだ。平和への道は長く険しい。

 著者は熊本大学において細川家関係古文書類の研究を主導してきた。本書においても一次史料を縦横に活用して、人々の肉声や社会の実相を丁寧に伝えてくれる。また2016年の熊本地震によって、熊本城をはじめとする同地の多くの文化財が被災したことは記憶に新しい。著者はそのレスキュー活動のリーダーでもある。熊本と文化財との波乱に満ちた歴史を思い、復興から泰平への道を重ねつつ、ページを繰りたい。

 ◇いなば・つぐはる=1967年生まれ。熊本大永青文庫研究センター長。著書に『戦国時代の荘園制と村落』など。

 吉川弘文館 1800円

45741 0 書評 2018/10/29 05:24:00 2018/10/29 05:24:00 「細川忠利 ポスト戦国世代の国づくり」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181022-OYT8I50070-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ