評・鈴木幸一(インターネットイニシアティブ会長CEO)

『プラハ、二〇世紀の首都』 デレク・セイヤー著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「プラハ、20世紀の首都」(23日、社内で)=今野絵里撮影
「プラハ、20世紀の首都」(23日、社内で)=今野絵里撮影

花開くシュルレアリスム

 なぜ「20世紀の首都がプラハ」なのか。19世紀の首都「光の都」パリに対し、プラハはその「暗さ」が特徴だと、著者は言う。しかし、その<古いヨーロッパの魔法の都>には、アヴァンギャルド、モダニティ、シュルレアリスムといった多彩な文学や芸術が花開いた。ホロコースト、スターリンの時代に生きたシュルレアリストの足跡を辿たどることで、「暗いプラハ」の記憶をよみがえらせ、20世紀の欧州の歴史に、異なる視野を提示してくれる浩瀚こうかんな書である。

 「ユダヤ人街の大時計の針はさかさにまわる」。シュルレアリスムという単語を創り出したアポリネールが若い頃、20世紀初頭のプラハに滞在した記憶に基づく詩の一節は、シュルレアリスムとプラハを語る象徴的な言葉だ。プラハは中欧のユダヤ人コミュニティの中核だった。ユダヤ人ゲットーで育ったカフカは、「私たちの内部には、相変わらず暗い場末が生きています、いわくありげな通路が、めしいた窓が、不潔な中庭が」と回想している。彼らは生活空間だけでなく、埋葬場所も厳しく制限されていた。

 1918年にハプスブルク帝国から独立したチェコは、ナチスドイツの保護領、ソ連の監視下にあった共産主義体制を経て、民主国家に至るまで様々な激動を経験した。タイゲやネズヴァルらがパリの芸術家たちに倣って、チェコ・シュルレアリスム・グループを結成したのは34年、ヒトラーが政権の座についた翌年のことだった。「コミカルな卑俗さ」「風刺とユーモア」を特徴とする作品は、ナチスやソ連公認の「民族的」「道徳的」芸術の対極にある。

 「プラハの春」後、フランスに亡命した作家ミラン・クンデラは、大国の傲慢ごうまんな無知に直面し、みずからの存在がたえず脅かされ、幸福な感覚を知らない「小国民」の悲哀を見ている。傲慢な大国と小国、政治と芸術の深い溝を改めて考える意味でも、手に取って欲しい書である。阿部賢一ほか訳。

 ◇Derek Sayer=1950年英国生まれ。アルバータ大名誉教授。本書でジョージ・L・モス賞など受賞。

 白水社 1万3500円

52223 0 書評 2018/12/10 05:25:00 2018/12/10 05:25:00 「プラハ、20世紀の首都」(23日、社内で)=今野絵里撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181203-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ