評・加藤 徹(中国文化学者・明治大教授)

『僕たちは、宇宙のこと ぜんぜんわからない』 ジョージ・チャム、ダニエル・ホワイトソン著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本を含む東アジア人は、なまじ古い歴史をもつがゆえに、娯楽も教養も、好奇心を過去の歴史で消費してしまう。一方、歴史が若い米国人は、知的エネルギーを自然科学や無限の未来に向ける。

 本書は、米国的知性を体現した恐るべき教養書である。文体はこのうえなく平易でユーモラスだが、内容は深い。私たちが当たり前に思っている時間や空間、物質が、いかに不思議で謎に満ちているか。あらためて気づかされる。

 著者のスタンスもすごい。「ここまでわかった宇宙」ではなく「わからない宇宙」だ。次元はいくつあるのか。宇宙の本当の大きさは。宇宙線はどこから来るのか。宇宙人はいるのか。今もわからない。著者は、未解決の問題を紹介し、なぜ未解決なのか、その理由を考える。模範解答がない問題を考える思考のプロセスは哲学的で、面白い。

 米国人は、探検されていない広い未開の地を前にすると、わくわくするのだ。米国の画期的なイノベーションの数々は、こういう知的素養から生まれるのだろう。宇宙論に興味のない人にもおすすめだ。水谷淳訳。

 ダイヤモンド社、1800円

無断転載禁止
53871 0 書評 2018/12/17 05:22:00 2018/12/17 05:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181211-OYT8I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ