文字サイズ
    最新刊に関する充実した書評です。

    『筑後川よ永遠なれ』 中野政則著

     九州ゆかりの数多くの合唱曲を残した作曲家・團伊玖磨だんいくま

     代表作「筑後川」初演に携わった著者は、定年後の人生を埋もれた作品の発掘と再演にささげ、今年4月に亡くなった。遺稿である本書から浮かび上がるのは、創作の舞台となった郷土と、そこに住む人々の思いを結びつけた音楽の力だ。(出窓社、1700円)

    2018年07月16日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク