文字サイズ
    小説や書き下ろし、オリジナルの文庫などを紹介します。
    評・石井千湖(書評家)

    『三人屋』 原田ひ香著

     朝は喫茶店、昼は讃岐うどん屋、夜はスナック。

     朝・昼・晩で営業形態が異なる通称「三人屋」を舞台に、それぞれの店を営む三姉妹と客たちの繰り広げる人間模様を温かな筆致で描いた連作短編集。姉妹の複雑な関係と、不器用な恋の話に引き込まれる。三女が提供する焼き立てパンも、次女の出すうどんも、長女が炊いた白米もシンプルなのに美味おいしそうだ。(実業之日本社文庫、620円)

    2018年03月01日 05時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク