評・東えりか(書評家)

『鯨分限』 伊東潤著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

『鯨分限』伊藤潤著
『鯨分限』伊藤潤著

 時は幕末、紀州・太地では鯨の不漁が続いていた。16歳で本家の家督を継いだ太地覚吾は手痛い失恋を経験しながらも大人になっていく。先細る鯨漁を立て直そうと大坂、江戸、そして蝦夷えぞ地へと乗り込む。

 明治11年の「大背美流れ」という未曽有の海難事故まで幕末から維新の激動を鯨を通して描いていく。(光文社文庫、780円)

38487 0 文庫 2018/09/04 05:25:00 2018/09/04 05:25:00 2018/09/04 05:25:00 『鯨分限』伊藤潤著 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180827-OYT8I50036-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ