<速報> 山口で行方不明だった2歳男児、発見…意識あり
    文字サイズ
    おすすめの新書を紹介します。
    評・友田健太郎(文芸評論家)

    『クルマを捨ててこそ地方は甦る』 藤井聡著

     地方では車が当たり前という「常識」こそが地方を疲弊させていると著者は断言する。公共交通機関が廃れ、駅前はシャッター通りに。郊外のショッピングモールの利益は地元には落ちない。

     四条通りの車線を減らした京都などの事例を通じ、車社会からの脱却こそが地方再生のカギだと説く。自動車産業の力が大きい日本で貴重な異論。(PHP新書、860円)

    2017年11月30日 05時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    リンク