簡単でした! 国勢調査のネット回答

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 東一真

 インターネットで、官民のいろいろなアンケート調査に答えると、時として不愉快な思いをすることがあります。私が嫌いなネットアンケートは以下のようなモノです。

第1位 質問が延々と続き、いつ終わるのか果てが分からない
(20分答え続けても終わらないものもありました)

第2位 根掘り葉掘り、「えっそこまで聞く?」というレベルの質問をしてくる
(「そのレストランで食べたものを以下のメニューからすべて選んでください」など)

第3位 記述式が多すぎる
(こんなに書かせて実際使うの?と思ってしまいます)

 紙のアンケートなら、ざっとページを繰って質問の量や質問内容をあらかじめ知ることができます。「こんな膨大なアンケート、答えない」と決めることもできますが、ネットの場合、答える度に次の質問が出てくるので、全体を推し量ることが難しいのです。

5年に1度の国勢調査…今回はネット回答を奨励

 さて、今年は5年に1度の国勢調査の年。1920年の第1回調査から100年の節目だそうです。調査員が不足していることと、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、特にインターネットでの回答が奨励されています。

 我が家にも、封書が投函されていたので早速開けてみました。中には「インターネット回答利用ガイド」が同封されていて、ログインIDやアクセスキーが書かれています。

残り:1326文字/全文:1910文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1519407 0 シニアのための編集長コラム 2020/10/03 17:13:00 2020/10/03 17:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200928-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ