スマホは音声入力がお薦めです!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 東一真

フリック入力の画面
フリック入力の画面

 スマホで文字を書く場合、現在の主流は右のような画面で文字を書く「フリック入力」です。若い人は電車のなかや駅のホームですいすい入力して、メッセージなどを書いています。残念ながら、私はフリック入力が苦手です。パソコンの場合はキーボードをたたけばいいですが、スマホはキーボードが使えないので嫌いでした。でも、音声入力を始めてから、スマホが嫌いではなくなったのです。

薬の整理で音声入力の威力を知る

 スマホの音声入力の威力を知ったのは、一昨年です。病院で処方してもらった薬が自宅にたくさん()まって、それを整理・処分しようとした時です。薬には、ロペラミド塩酸塩、カロナール錠、メジコン錠、ムコダイン錠、レバミピド錠、セレコックス錠などと名前がついていますが、何の薬だかもう分からなくなっていたのです。

グーグルアプリの画面
グーグルアプリの画面

 そこでGoogleの音声検索を使って薬のパッケージに書いてある薬名を、一つずつ読み上げていきました。読み上げるとすぐに検索してくれるので、その薬が何の薬なのか、たちどころに分かります。2、3分で、どれが何の薬なのかがすべて判明したのでした。これ以来、スマホでグーグルの音声検索を多用しています。

 ちなみにスマホでグーグルの音声検索をするには、グーグルのアプリを起動して、検索語を入れる欄の右にあるマイクのマークを押してから、しゃべればいいだけです。グーグルの音声認識のレベルはとても上がってきたと実感しています。とても簡単で、かつ強力なツールだと思います。

 検索だけではありません。スマホの機種によりますが、音声入力はメールでも、メッセージでも、メモでも、基本的にはフリック入力ができるところでは、可能です。

残り:540文字/全文:1233文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1553232 0 シニアのための編集長コラム 2020/10/17 17:00:00 2020/10/17 17:14:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201005-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ