読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

巨大な自動販売機で食事をする、という感覚

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 東一真

 昨年から続くコロナ禍に対応して、そして省力化と経営の合理化を目指して、資本力のある外食チェーン店では、IT技術を使った「非接触化」と「省力化」への取り組みが進展しているようです。外食産業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)ですね。どんなものかと自宅近くの二つの店を、一人で訪ねてみました。

近所の回転寿司店で「非接触化」「省力化」を体験

 まずは、自宅の近くにある回転寿()()の「くら寿司」に行ってみました。同社のホームページに、「スマートくらプロジェクト」と銘打った「最先端技術を駆使して非接触型の推進」を図るプロジェクトがあると書いてあったからです。また、同社の「テクノロジー開発部」なる組織が、DXを推し進めているとも書いてあり興味をそそられました。自宅近くの店舗は、どんな具合なのでしょうか? 

 お店に入ると、店員さんが来るわけでもなく、タッチパネル式の「受付機」がありました。これで受け付けるようです。スマホで予約した人と、直接店に来た人とで押すボタンが違います。私は「お店で受付の方」のボタンを押し、次に人数(1人)を打ち込むと、感熱紙のシートが機械からべーっとはき出されました。感熱紙には「案内票」と書かれており、座席番号とQRコードが印刷されています。指定された番号の座席に座るのだな、と考えて席を探しました。私の場合、入り口近くのカウンター席でした。ここまで、店員さんと会いません。

受付、席の案内、飲食物の注文…全部が無人

 席に座ると、回転寿司店なので、当然ながらプラスチックのケースに入った寿司がレーンを流れてきます。が、昔のように大量に流れてきません。自分で好きなモノを注文する方式がメインになっているのでしょうか。座席に備え付けのタッチパネルで注文しました。案内票を読むと、スマホに「くら寿司」の専用アプリを入れて、それを使って案内票のQRコードを読み取ると、自分のスマホでも注文できるようです。アプリを入れていなかったので、今回はタッチパネルで注文しました。しばらくすると、「注文の品が届きます」と機械音声のアナウンスがあり、レーンの上を滑るように、注文した品が来ました。

 基本はこの繰り返しです。タッチパネルで注文して、待って、レーン上に寿司が来て、食べて。またタッチパネルで注文して、待って、やってきた寿司を食べて……。一人でこれを続けていると、機械を相手に寿司を食べている気分です。

お会計になって、初めて店員が現れる

 食べ終わり、タッチパネルで「お会計」のボタンを押しました。この時初めて店員さんがやって来て、食べたお皿の数などを確認します。店員さんが来たのはこの1回だけで、支払いは最初にもらった「案内票」のQRコードを使います。無人のレジに置いてある機械にQRコードをかざすと、料金がディスプレーに表示されました。お金を機械に投入すると、釣り銭が落ちてきました。それを回収して店を出ます。とにかく店員さんの姿をほとんど見ず、お店全体が大きな自動販売機になってしまったような印象でありました。

次は「人工知能ロボット」導入のラーメン店へ

 次に(もちろん別の日にですが)、自宅の近くにあるラーメンチェーンの「幸楽苑」に行ってみました。同社のニュースリリースによると、「AI(人工知能)を活用した非接触型の自動配膳ロボット『K-1号(ケー・イチゴウ)』を導入」していて、ラーメンなどを席まで運んでくれるのだそうです。これはちょっと面白そうではあります。

 お店に入ったのは、平日の午後6時過ぎでした。店員さんが「お好きな席にどうぞ」と言うので、好きな席に座りました。ここも卓上のタッチパネルで注文する方式でした。ラーメンと餃子(ギョーザ)と生ビールを頼みます。しばらく待つと、店員さんがビールを持ってきて、次にやはり店員さんがラーメンと餃子を運んできました。この店には、自動配膳ロボットはいないのでしょうか。

残り:1035文字/全文:2680文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1856615 0 シニアのための編集長コラム 2021/02/20 17:31:00 2021/02/20 21:06:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210208-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)