読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ちょっとずるい「通販サイトX」の話

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

編集委員 東一真

 まずは、架空の設定による思考実験をしてみましょう。次のような「通販サイトX」があったとします。このサイトは正直なサイトでしょうか? それともちょっとずるいサイトでしょうか? タイトルから結論はバレていると思いますが(笑)、少々お考えください。

ポイントが多くつくのは魅力だけど…

【通販サイトXの特徴】

・サイトXでは商品を現金やクレジットカードなどで直接購入することはできない。
・利用者はサイトXの「月額会員」になり、毎月定額を支払ってサイト内で使えるポイントを購入する。
・利用者は購入したポイントを使って、商品を購入する。
・サイトXには、「1ポイントは1円に相当」と説明書きがある。ポイントの有効期限は1年間。
・支払い月額によって三つのコースがあり、サイトXでは各コースについて次のような説明をしている。

 ◇3000円コースでは3900ポイントを付与。 900ポイント分お得!
 ◇5000円コースでは6500ポイントを付与。1500ポイント分お得!
 ◇2万円コースでは2万6000ポイントを付与。6000ポイント分お得!

 どうでしょう? 1ポイントが1円に相当し、3000円で3900ポイントをもらえるならば、お得なような気もします。しかもコースの値段が上がるほどに、お得感も増すような感じがしますね。でも、結論から言えば、サイトXはちょっとずるいサイトだと思います。その理由を以下、説明しましょう。

 まず「3000円コースでは3900ポイントを付与。900ポイント分お得!」という表記について考えてみましょう。3000円支払って3900ポイントがもらえて、それが「900ポイントお得だ」と言うには、前提として1ポイントが1円に相当するという事実が必要です。「1円=1ポイント」という等式が事実として成立して初めて、3000円と3900ポイントを比較して、「900ポイントお得」だと言えます。

 サイトXに「1ポイントは1円に相当します」と書いてあったとしても、それでは本当かウソか判然としません。事実として「1円=1ポイント」だと証明されなければなりません。では、1円が1ポイントに相当すると、事実として言えるためには何が必要でしょうか? 

残り:1161文字/全文:2100文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1890701 0 シニアのための編集長コラム 2021/03/06 17:24:00 2021/03/06 20:59:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)