レジなし店 SF的買い物(アメリカ)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ほしい物を手にとって店を出るだけ。ニューヨークなど米国内に10店舗超を構えるアマゾン・ドット・コムのレジなし店「アマゾン・ゴー」では、そんなSFのような買い物ができる。

 店を利用するには、まずスマートフォンの専用アプリが必要だ。インストール後、クレジットカードなどをアプリに登録しておく。アプリ画面に表示されるコードをゲートにかざすと「GO」の表示が出て、入店できる。店内は日本のコンビニエンスストアのようで、サンドイッチやサラダに「スシ」、菓子類まで一通りそろっている。スターバックスのコーヒーメーカーも置いてあり、カップに注いで持ち帰ることもできる。

 会計をするレジはなく、あとは黙って店を出ればいいだけなのだが、ゲートの前で「本当にこのまま外に出ていいのか」と不安になる。そんな気持ちを見透かしてか、店内には「Really,just go(本当に、ただ立ち去って)」という注意書きまである。

 店を出てしばらくすると、スマホにレシートが送られてきた。コーヒーもきちんと認識されている。いったい、どうやって?

 現地報道によれば、天井に設置されたカメラの映像や、棚の重量センサーで、その人が何を手に取ったか把握しているという。会計はクレジットカードで自動的に精算される。あまりに簡単に買い物ができるため、思わず色々買ってしまいそうだ。(ニューヨーク 小林泰明)

会計の手間がゼロの「アマゾン・ゴー」の店舗(米ニューヨークで)=小林泰明撮影
会計の手間がゼロの「アマゾン・ゴー」の店舗(米ニューヨークで)=小林泰明撮影
無断転載禁止
870157 0 e海外 2019/10/27 05:00:00 2019/12/09 15:15:33 会計の手間がゼロの「アマゾン・ゴー」の店舗(米ニューヨークで)=小林泰明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191029-OYT8I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ