ウィンドウズ便利ツール

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

画面の一部を保存

 今回はウィンドウズのパソコンにある便利ツールから、「スニッピング・ツール」を紹介しよう。画面のキャプチャーが簡単にとれるツールだ。PC画面に映っているウェブページでも写真でも好きな部分を画像として保存できる。

 ウィンドウズ7の場合、スタートから、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」と進めば、「Snipping Tool」がある。ウィンドウズ10の場合、「Windowsアクセサリ」に入っている。

 見つけたら、クリックしよう。すると、PC画面が白っぽくなる。ならない場合は、画面に現れるツール箱の「新規作成」をクリックすると白っぽくなる。これで準備完了。

 カーソルが「+」マークに変わっているので、画像として切り取りたい部分の左上に当てクリックし、押したまま対角線を描くように右下に下げる。範囲を指定し終わったらクリックを離す。すると、指定した範囲が画像としてコピーされる。「ファイル」→「名前を付けて保存」で保存もできる。

 例えば、ネット上で旅行予約をすると「申し込み番号」などが発生する。書き写すのは面倒だし間違える心配もある。このツールで、さっとキャプチャーすればよい。

 ただ、ネット上に表示される画像には著作権がある場合が多い。利用には注意を払いたい。

「付箋」に簡単メモ

 ウィンドウズのパソコンにある便利ツールから、「付箋」を紹介する。PC画面上に付箋を出して、メモを書いておける。要らなくなればすぐに削除できる。文字通りの電子付箋だ。

 基本ソフトのウィンドウズ7(以下「7」と表記)では、付箋という名前だが、ウィンドウズ10(以下「10」と表記)では「Sticky Notes」と英語の名前に変わった。

 7では、スタートから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」と進めば付箋がある。10では、スタートから直接「Sticky Notes」を探そう。アルファベットのSの欄にある。

 アイコンをクリックすると、画面状に小さな付箋が現れる。付箋上にカーソルがあるので、普通の付箋を使っている時と同じく、きょうの日程や、仕事の予定などを自由に書き込める。

 左上にある「+」印をクリックすると、付箋の数を増やせる。削除したい場合、右上の7では「×」マーク、10ではゴミ箱マークをクリックする。

 付箋の色は変えられる。7では付箋の上で右クリックして6色のなかから選ぶ。10では、右上の「・・・」をクリックして色を選ぶ。

 10の「Sticky Notes」の最新バージョンでは少し機能が充実している。自動で箇条書きにできたり、済んだ予定に横線を入れたり、文字を斜体にしたり、などが可能だ。

 なお、付箋を頻繁に使う場合には、PC画面の下の部分(タスクバー)に置いておこう。付箋のアイコンを右クリックし、7では「タスクバーに表示する」を選ぶ。10では「その他」から「タスクバーにピン留めする」を選ぶ。

「拡大鏡」使い 見やすく

 パソコン画面の表示を一時的に大きくできる「拡大鏡」ツールについてお伝えする。ウェブサイトを見ている時、ゲームをしている時、文章を書いている時――。状況にかかわらず表示を拡大できるので、高齢者には便利だ。

 拡大鏡ツールを出す際は、ショートカットキーを使うと簡単。キーボードの左下にある「Windowsロゴ」キーを押しながら、同時に右側にある正符号(+)キーを押す。すると、拡大鏡ツールが画面上に出現する。

 ツールの「表示」ボタンを押すと、「全画面表示」「レンズ」「固定」の三つのモードが出てくるので、どれかを選ぶ。

 全画面表示=画面全体が拡大される。

 レンズ=カーソル(マウス・ポインター)の周辺が虫眼鏡をかざしたように拡大される。カーソルを動かすと、レンズも動く。

 固定=カーソルを当てた場所の周辺が、特定の場所に拡大表示される。

 どのモードが使いやすいか、いろいろ試してみよう。拡大率は「+」「-」ボタンで調整できる。

 拡大鏡を閉じるには、ツールの右上の「×」マークをクリックする。ショートカットキーを使って「Windowsロゴ」キーを押しながら、同時に左上の「Esc」キーを押しても閉じられる。

無断転載禁止
894594 0 e基礎 2018/11/25 05:00:00 2019/11/27 12:59:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191112-OYT8I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ