スカイプ(skype)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海外とも顔見て会話

 世界で数億人が利用するという通話アプリ「スカイプ」。インターネットに接続したパソコン、スマホなどの端末同士なら、通信料以外の追加料金なしで音声通話や、ビデオ通話ができる。

 例えば、高齢者の方が、遠くに住んでいるお孫さんや、海外在住の娘さんなどと顔を見ながら会話できる。今回から、スカイプの使い方をお伝えしよう。

 ここでは、パソコンでスカイプを使うことを想定する。その場合、パソコンのほかに、まず、イヤホンとマイクが一体になったヘッドセットと、ウェブ用カメラの準備が必要だ。

 ヘッドセットは量販店やネット通販などで購入しよう。ウェブ用カメラは、現在では多くのノートパソコンに標準装備されている。パソコンを開いた画面の上方に、カメラのレンズがあれば、それがウェブカメラだ。パソコンに付いていない場合は、量販店などで購入しよう。

 機材がそろったら次は、スカイプの登録(アカウント作成)が必要だ。次回以降、ウィンドウズパソコンを使っての事前登録や使い方を紹介する。

登録で通話準備完了

 パソコンを使った登録(アカウント作成)の仕方編だ。

 ウェブブラウザーを使う「Skype for Web」が入門者向けとして手軽だ。パソコンでブラウザーを起動して、スカイプのウェブサイト(https://www.skype.com)を開く。「スカイプ」で検索したら、このサイトが一番上に出てくるはずだ。

 図のように、ウェブサイト右上に「サインイン」があるのでクリック。すると「サインアップ」が出てくるのでクリックする。これで、アカウント作成ページに移る。

 中央下「既にお持ちのメールアドレスを使う」をクリックすると、「新しいメールアドレスを取得」が出てくるのでクリックし、自分の好きなメールアドレスを入力しよう。「次へ」を押してパスワードを入力。続くページで氏名などを入力すれば完了だ。

 切り替わった画面で「開始」ボタンを押すとログイン後のトップ画面(https://web.skype.com/)に移り、通話準備が完了する。今後のために、このページはブックマークしておこう。

 なお一部のパソコンでは仕様が異なることがある。ヘルプページ(https://support.skype.com/ja)で確認したい。

緑のマーク「通話OK」

 

引き続き、スカイプの使い方についてお伝えする。

 まず、前回説明した「Skype for Web」のトップ画面(https://web.skype.com/)へ行こう。事前登録したメールアドレスとパスワードを求められたら入力する。

 次は話す相手を探す。スカイプに登録(アカウント作成)した人の名前は、検索できる。登録済みの家族や知人の名前を画面左上「Skypeを検索」で探してみよう。相手がニックネームで登録している可能性もあるのであらかじめ確認したい。

 見つかったら画面中央「連絡先に追加」を押すと、相手に「コンタクト要求」が送信される。これは、相手に対して、「通話してもいい?」と聞いている状況。リストの氏名に緑のチェックマークが現れたら、相手が「OK」した印だ。これで通話可能になる。さあ、ヘッドセットをつけて、電話をかけてみよう。

 メイン画面のビデオカメラマークをクリックして、相手を呼び出す。相手が受信するとビデオ通話が始まる。相手の顔が見え、音声が流れるはずだ。通話を終えるときには右下の赤いボタンを押す。

 ビデオ通話はインターネット回線を通る情報量が多いため、状態によって画面がぎこちなく動くこともある。もし通話が難しくなったらいったん切り、メイン画面にある受話器マークを押して、音声通話に切り替えよう。

通話中 文書やりとりも

 スカイプの電話の受け方などについて。「Skype for Web」のトップ画面(https://web.skype.com/)を開いているとき、相手から電話がかかってくると通知画面が表示される。相手の名前を確認した上で、音声通話の場合は受話器マークを押し、ビデオ通話の場合はビデオカメラマークを押す。

 ヘッドセットを装着して、カメラが外付けの場合、きちんと接続しているかどうか確かめて、会話を始めよう。かかってきた電話に出られないときは、右側の赤い受話器ボタンをクリックする。

 スカイプは通話以外にメッセージや、文書や画像などのファイルのやりとりができる。通話中、画面下のボックスにメッセージを書き込み、右の「紙飛行機」マークを押すと相手に送信される。

 ファイルのマークのボタンを押して、送りたいファイルをパソコン内などから選んで、「開く」を選べば、写真などのファイルが送信され、画面にサムネイル画像が表示される。

 スカイプはウェブブラウザー版のほかにアプリもある。パソコンの場合、ウェブサイト(https://www.skype.com)の「ダウンロード」ページを参照しよう。    

無断転載禁止
894134 0 e基礎 2019/02/03 05:00:00 2019/11/27 12:50:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191111-OYT8I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ