Windowsの画像編集ソフト「ペイント」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

画像サイズを自在に

 デジタルカメラやスマートフォンで撮った写真をメールで送ろうとして、画像のサイズが大きすぎ、送信エラーになったことはないだろうか。Windowsの画像編集ソフト「ペイント」で、サイズを変更する方法を紹介しよう。ペイントはWindows7、8、10いずれも標準で入っている。

 まずパソコンに写真を取り込み、加工したい写真を右クリックする。「編集」を選ぶと、ペイントで画像が表示される。

 画像サイズが大きいと画面に収まりきらず、一部しか表示されないこともある。例えば、赤っぽい観葉植物「コリウス」をiPhone(アイフォーン)で撮影し、ペイントで表示しても、周辺の植物しか見えない状態だ。画面下で確認すると、画素数は横が4032ピクセル、縦が3024ピクセル、容量は3.1メガ・バイト。

 サイズを小さくするには、「ホーム」タブで「サイズ変更」をクリック。「サイズ変更と傾斜」画面が表示されたら、「縦横比を維持する」にチェックを入れ、希望のサイズを指定する。写真の縦横比はそのままでサイズだけを小さくできる。

 縦横の長さで指定したいなら、「単位」の「ピクセル」を選び、希望の画素数を半角数字で入力しよう。例えば、横を700ピクセルに変更すると、縦は自動で525ピクセルになり、写真の全体が表示された。容量も258.6キロ・バイトで、送受信がスムーズだ。半分のサイズにしたいなら、「パーセント」を選んで、50を入力する。

写真をトリミング

 撮影した写真の一部を切り出す「トリミング」を、Windowsの画像編集ソフト「ペイント」で行う方法を紹介しよう。例えば、写真の顔の部分をアップで切り取り、プロフィル写真に使う場合などに活用できる。

 ペイントで写真を表示し、まず「ホーム」タブで「選択」をクリックする。四角に切り出したい場合は「四角形選択」を選ぶ。

 写真の上にカーソルを合わせると、十文字のマークが表示されるので、切り取りたい部分の角に合わせて左クリック。長押ししたまま、マークを動かして切り取る範囲を指定しよう。範囲は点線で囲まれる。確定したらボタンから指を外す。あとは「トリミング」ボタンを押すだけだ。

 「選択」で「自由選択」を選ぶと、顔の輪郭に合わせるなど、好きな形で切り取ることもできる。左クリックで長押ししたまま十文字マークを動かし、切り取りたい範囲を指定する。

 切り取り範囲を指定し直したい場合は、画面左上にある「左向きの矢印」をクリックすると、点線が消える。

 画像サイズが大きく、画面に収まりきらないと、トリミングがしにくい場合がある。「表示」タブで、虫眼鏡にマイナスが書かれた「縮小」を何度かクリックすると、写真の画素数や容量を変えずに、画面上で全体を表示することができ、トリミングもしやすい。

2枚の画像 1枚に

 「ペイント」で、2枚の画像を1枚に組み合わせる方法をお伝えしよう。

 まず、これまでにお伝えした、画像サイズの変更やトリミングを使って、組み合わせる2枚の写真のサイズを合わせておこう。写真を縦に並べる場合は横のサイズ(ピクセル数)を、写真を横に並べる場合は写真の縦のサイズをそろえて所定の場所に保存しておく。

 次に、パソコンの「スタート」などからペイント・ソフトを探して起動させる。ペイントが開いたら、ホームの左にある▽マーク(ファイル)をクリックして「プロパティ」を選択し、表示されたボックスで、写真を載せる「台紙」の大きさを設定する。

 例えば縦横とも500ピクセルの写真を横に2枚組み合わせる場合、完成後のピクセル数は縦500ピクセル、横1000ピクセルだ。写真を載せる台紙は、この完成後の大きさで設定する。

 次に、ホームの「貼り付け」から「ファイルから貼り付け」を選択し、写真を置いておいたフォルダーから写真を選ぶ。すると、台紙の上に写真が表示される。同様に、もう1枚選ぶと前の写真に重なって2枚目も表示される。

 キーボードの矢印キーを使って2枚目の写真を右に移動させる。台紙の右端まで移動させれば完成だ。写真が点線で囲われている間は移動が可能だ。写真以外の所にカーソルを合わせてクリックすると点線が消えて、位置が確定する。

画像に文字を書き込む

 「ペイント」では、画像に文字を書き込むこともできる。

 ペイントで画像を表示し、「ホーム」タブの「ツール」にある「A」のボタンをクリック。画像上で文字を書き込みたい範囲の左上にカーソルを合わせ、左クリックで長押ししたまま右斜め下に動かして、範囲を大まかに指定しよう。

 指を離すと、自動的に「テキスト」タブに切り替わる。文字のフォントやサイズを指定し、点線で囲まれた枠の中に入力する。画像の色によっては、文字が見にくい場合もある。見やすい色をカラーパレットから選んで指定しよう。

 手書き入力も可能だ。「ホーム」タブの「ブラシ」ボタンを押して、鉛筆やクレヨンなどから選び、画像上で左クリックして長押ししたままカーソルを動かせばいい。

 これまでに紹介した、写真を組み合わせる方法なども使い、はがきのデザインに挑戦してみては。はがきは横100×縦148ミリ。画像サイズが小さすぎると、きれいに印刷できない。縦横の比率を変えずに、横1181×縦1748ピクセル程度のサイズにするのがお勧めだ。

 このサイズの「土台」を作り、例えば、正方形の写真を4枚組み合わせる場合は、それぞれ縦横とも590ピクセルにして並べる。画像上にあいさつの言葉などを、余白部分に住所などを書き込もう。

無断転載禁止
895095 0 e基礎 2018/09/02 05:00:00 2019/11/27 12:43:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191112-OYT8I50093-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ