「秘密の質問」答えに一言<パスワード 3>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回は、パスワードを忘れた時に、第2のパスワードとして使われる「秘密の質問」の安全性を高める方法を紹介しよう。

 秘密の質問は、「あなたの母親の旧姓は?」や「あなたのペットの名前は?」などに対して、本人しか知らない「答え」をあらかじめ登録しておくもの。

 独立行政法人・情報処理推進機構は、「佐藤」や「タマ」などの答えをそのまま登録することは、危険が高いと指摘する。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用が広まり、知らない間にさまざまな個人情報をみずから公開している可能性があるからだ。

 そこで、本来の答えの後ろに共通の決まり文句をつける方法を推奨している。決まり文句は、例では「だったヨウナ」としたが、「カモしれない」など自由だ。カタカナを加えたのは、より複雑にするためで必須ではない。決まり文句のほうを紙の手帳に書き、本来の答えは記憶しておく。

 ただ、特集の記事にあるように秘密の質問は、より安全性の高い「2段階認証」ではない。同機構は、2段階認証があるサービスは2段階認証を使うよう勧めている。

このテーマの最終回です。

1回目はこちら

 強力なパスワードの作り方を動画にまとめました。

無断転載禁止
1134285 0 e基礎 2020/03/29 05:00:00 2020/04/07 13:28:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200328-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ