参院選2022 与野党第1党の党首が第一声で最も時間をかけて訴える政策は? 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 旬のニュースや話題について、読者のみなさんにちょっと先の未来を予想していただく「近未来予想クイズ」。2回目の問題は6月22日公示、7月10日投開票の日程が想定される参院選についてです。

今年の8月、日本で最も暑い場所はどこ? 人気連載「近未来予想クイズ」第4弾
今回のお題は夏の参院選から

 Q:参院選公示日の第一声で与野党第1党の党首が最も時間をかけて訴える政策は? 

 1:コロナ対策
 2:経済政策
 3:ウクライナ情勢など安全保障政策
 4:憲法改正
 5:その他

 選挙戦がスタートする公示日の党首の第一声は注目度も高く、各党がどんな政策を有権者に訴えたいのか、うかがい知ることができます。今回は与党第1党の自民党総裁の岸田文雄首相と、野党第1党の立憲民主党の泉健太代表が最も時間をかけて訴える政策をそれぞれ予想していただきます。正解者の中から10人によみぽ1000㌽をプレゼントします。締め切りは6月17日(金)です。

■「近未来予想クイズ」への応募はこちら>> 

政治部記者に聞く! 予想のヒント

 今回の参院選の争点は何か。そして、与野党第1党は各政策課題に対し、どんな立場で選挙戦に臨むのか。政治部の担当記者に予想のヒントを聞きました。

「新しい資本主義」掲げる岸田首相 昨秋の衆院選第一声は「コロナ対策」から

選挙戦で与野党第1党の党首が訴えたいこととは?(写真はイメージです)

 国政選挙における党首の第一声には、各党が重視する政策が色濃く反映される。

 岸田文雄首相(自民党総裁)は昨年10月の衆院選の第一声では、新型コロナウイルス対策から演説を始めた。当時は緊急事態宣言が解除されたばかりで、ワクチンの3回目接種も始まっておらず、政府のコロナ対策を説明して有権者に安心感を与える狙いがあった。現在も新規感染者数は多く、今回もコロナ対策に時間を割くことは考えられる。

 首相は「新しい資本主義」を掲げており、経済政策のアピールを重視する可能性もある。政府は6月中に実行計画を取りまとめる予定だ。選挙戦では「人への投資」など、具体的な内容について説明する見通しだ。

 ウクライナ情勢は、日本の安全保障政策にも大きな影響を与えている。政府は年末に国家安全保障戦略など3文書の改定を予定しており、自民党も防衛予算の大幅な増額などを提言している。参院選を通して、有権者に理解を求めていくことが不可欠だ。

 憲法改正を巡っては、国会で議論が活発化し、自民党も全国で有権者との対話集会を積極的に開催する。首相は、参院選で勝利を収めて憲法改正の発議につなげる青写真を描いており、争点の一つとなる。

立憲民主は「生活安全保障」がキャッチフレーズ 消費税の時限的引き下げも

 一方、野党第1党・立憲民主党の泉健太代表は、参院選のキャッチフレーズに「生活安全保障」を掲げている。生活安全保障に基づく重点政策として、物価高対策、教育無償化、安全保障政策の整備の3本柱を訴えており、第一声でもこういったテーマを中心に取り上げるとみられる。

 経済政策の物価高対策では、消費税率の時限的な5%への引き下げなどを主張している。最低賃金の1500円への段階的な引き上げなども盛り込んでおり、アピール材料とする考えもある。

 ウクライナ情勢などを踏まえ、安全保障政策では、防衛費について「目標ありきではなく、必要な予算の積算で確保する」と訴えている。自民党が提言した国内総生産(GDP)比2%以上を念頭にした防衛費の拡充を踏まえ、対立軸を明確に打ち出していく考えだ。

 憲法改正については、立民は「論憲」との立場だ。泉氏は「憲法改正を必要とするかどうか丁寧に議論をしていく」と主張しており、党の立ち位置を丁寧に説明する必要もありそうだ。

 昨年の衆院選の第一声では、枝野幸男・前代表が新型コロナ対策について多くの時間を割いた。事業者や生活困窮者への支援の必要性も踏まえ、泉氏も手厚く取り上げる考えもありそうだ。

こちらの記事も予想の参考に・・・

 ▶ 「人への投資」で経済成長、資産所得の倍増や再就職を支援…「新しい資本主義」原案公表

 ▶ 防衛費の増額幅、骨太原案で明示せず…NATO並みGDP比2%なら総額11兆円に

 ▶ 動き始めた「9条改正論議」…「指一本触れず」から抜け出た?

 ▶ 立民、対決姿勢を強調…衆院予算委 

■「近未来予想クイズ」への応募はこちら>> 

近未来予想クイズ 5月の答え

 5月分の出題「大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の5月のホームラン数と投手としての勝利数の合計は?」の答えは(2)の6~8(ホームラン7本、投手として1勝)でした。参加者5976人中的中者は2532人でした。

スクラップは会員限定です

使い方
「ライフ」の最新記事一覧
3047666 0 オンライン 2022/06/03 15:00:42 2022/06/03 12:55:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/選挙1-1-e1654154451326.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)