【ワード中級】秋の風景を描こう~ツリバナ(1)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 紅葉がきれいな季節になりました。Wordで秋の趣を表現してみましょう。

 今月はツリバナを描きます。

【1】ツリバナの実を描きます

(1)「基本図形」→「月」を描きます。
 (A)…調整ハンドルで幅を広げます。
 コピー&ペーストで3つ(B、C、D)にし、形を変えます。
 (B)…SHIFTキーを押しながら、サイズ変更ハンドルをつかって内側に動かし、サイズを小さくします。
 (C)…サイズ変更ハンドルで幅を狭くします。
 (D)…右クリックで「頂点の編集」を表示し右の線上をドラッグし、頂点を追加します。
 さらに、左の頂点をドラッグして形を変えます。
 (E)…(D)をコピーし、縮小します

 5つの図形が描けました。


(2)実に色を塗ります。
 (A)を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
 「種類」…「線形」
 「方向」…「下方向」
 グラデーションの分岐点を2か所にし、色を設定します。
 分岐点0%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB 246、0、100」
 分岐点100%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB 255、122、91」
 「書式のコピー/貼り付け」で他の図形も同じ色で塗ります。

(3)配置をし、影をつけます。
 図を参考に配置して下さい。
 (A)、(C)…「左右反転」し、回転ハンドルで少し向きを変えます。
 (B)…回転ハンドルで向きを変え、(E)を最背面に配置します。
 「グループ化」し、影をつけます。
 図形を選択し「描画ツール書式」→「図形の効果」→「影」→「外側」→「オフセット(斜め右下)」にします。


【2】実の裏を描きます

(1)「楕円」を描きます。
 図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
 「種類」…「四角」
 「方向」…「中央から」
 グラデーションの分岐点を2か所にし、色を設定します。
 分岐点0%…「テーマの色」→「黒」
 分岐点100%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB 214、0、87」

(2)配置します。
 コピーを1つし、回転ハンドルで向きを変えて、(B)と(C)の上にいったん配置します。
 位置が決まったら、実を「最前面へ移動」します。
 全体を「グループ化」します。


【3】種を描きます


(1)「線」→「曲線」で描きます。
 頂点でクリックし、ドラッグとを繰り返して形を描きます。(後から頂点の編集で形を整えます)
 図形を右クリックし、「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
 「種類」…「線形」
 「方向」…「斜め方向―左上から右下」
 グラデーションの分岐点を2か所にし、色を設定します。
 分岐点0%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB189、63、7」
 分岐点100%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB255、0、0」

(2)種を実に配置します。
 コピー&ペーストで4つにします。
 サイズを調節し、回転ハンドルで向きを変え、いったん実の上に配置します。
 位置が決まったら、実を「最前面へ移動」します。
 全体を「グループ化」します。


【4】ヘタを描きます

 「星とリボン」→「星5」を描きます。
 サイズ調節ハンドルを上方向にドラッグし、切れ込みの浅い星形にします…(A)
 図形を右クリックし「頂点の編集」を表示します。
 星の先端の頂点上で右クリックし、「頂点を中心にスムージングする」にチェックを入れます。

 残り4か所の頂点も同じ方法で滑らかにします…(B)
 「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
 「種類」…「四角」
 「方向」…「中央から」
 グラデーションの分岐点を2か所にし、色を設定します。
 分岐点15%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB157、42、11」
 分岐点100%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB232、178、98」

 ※コピーをしておいて下さい。【6】の実を描く工程で使います。


【5】茎を描きます

(1)「ブロック矢印」→「山形」を選択します。
 下方向にドラッグしながら、細長い山形にします。
 「図形の書式設定」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
 「種類」…「線形」
 「方向」…「下方向」
 グラデーションの分岐点を2か所にし、色を設定します。
 分岐点0%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB217、215、111」
 分岐点100%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB157、42、11」
 ※茎をコピーしておいて下さい。後で丸い実の茎などに使います。

(2)【3】で完成した実に配置します。
 ヘタと茎はサイズを調節し、実の上にヘタ、茎はヘタの中心になるように配置します。
 「グループ化」→「線なし」にします。


【6】実を描きます

 「楕円」を1つ描きます。
 コピー&ペーストで3つにし、高さはそのままで、横をサイズ変更ハンドルで、少しずつ幅を狭くした楕円(だえん)にします…(a)、(b)、(c)

 (a)…【1】の実と同じ色に、「書式のコピー/貼り付け」でします。
 (b)…「描画ツール・書式」→「図形の塗りつぶし」→「その他の色」→「標準」→「濃い紫」→「線なし」
 (c)…(a)と同じ色にします。
 (a’)…(a)をコピーし、(b)の色に変更します。

 組み合わせて3種類の実にします。
 A…3つ楕円を中央で重ねます。
 【4】でコピーをしておいた「ヘタ」のサイズを調節して上部に配置し、「グループ化」しておきます。
 B…Aをコピーし、(a’)を最背面に配置し、端から少し出して、「グループ化」します。
 C…Aをコピーし、幅サイズを狭くします。


【7】葉を描きます

(1)「線」→「曲線」で描きます。
 おおよその形を描き、頂点の編集で形を整えて下さい。
 (A)…「塗りつぶし」→「塗りつぶし(グラデーション)」
 「種類」…「線形」
 「方向」…「下方向」
 グラデーションの分岐点の位置を2か所にし、色を設定します。
 分岐点0%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB208、158、0」
 分岐点100%…「その他の色」→「ユーザー設定 RGB215、215、110」
 (B)…(A)をコピーし、分岐点0%の色を、「その他の色」→「ユーザー設定 RGB255、200、30」
 (C)…テーマの色→「ゴールド、アクセント4、白+基本色40%」

(2)葉を組み合わせます。
 1枚目…(A)を左右反転し、(B)の葉先と合わせ、真ん中で重ね、「グループ化」→「線なし」にします。

 2枚目…(C)を左右反転し、(B)の葉先と合わせ、真ん中で重ね、「グループ化」→「線なし」にします。
下のサイズ変更ハンドルを上にドラッグし、サイズを縮小します。
 葉先を合わせて、「線なし」にします。

 3枚目…(C)を角の「サイズ変更ハンドル」で縮小し、(A)の下部分に重ね、「グループ化」→「線なし」にします。
※図を参考にして下さい。


(3)葉に虫食いの(あと)を描きます
 「基本図形」→「楕円」、「ハート」を描きます。
 「描画ツール・書式」→「図形の塗りつぶし」→「その他の色」→「濃い茶 RGB102、51、0」
 「図形の枠線」→「標準」→「オレンジ」
 「線の太さ」→「0.75pt」
 サイズを縮小し、向きを変えて、1枚目の葉に配置し、「グループ化」します。
 好みの場所に配置して下さい。


【8】図形を配置します


 茎をコピー&ペーストで増やし、【6】で描いた実に配置します。
 サイズを調節し、ヘタの中央に配置します。
 それぞれを「グループ化」します。

 種の付いた実は、茎を足して長くします。
 茎を短かくするには、SHIFTキーを押しながら矢印キー「↓」で調節します。

 「左右反転」、回転ハンドルで向きを変えて、配置して下さい。
 最後に葉のサイズを調節して、まとめて茎を隠すように配置します。
 すべての図形を選択し「グループ化」します。


【9】背景を描きます

 「四角形」から「長方形」を描きます。
 「図形の塗りつぶし」→「テーマの色」→「ゴールド、アクセント4、黒+基本色50%」
 「線なし」にします。

 ツリバナを最前面に配置し、背景と「グループ化」して完成させます。


 

2015/10 S.Mineo

*「Word2013」で描いています。

*テキストの「テーマの色」の「配色」はOffice(2013)です。

 2013以外をお使いの方は、似た色で塗りつぶしてください。

シェイプアートの印刷方法について

◇次回更新は10月28日(水)の予定です。

無断転載禁止
12934 0 恋愛 2015/10/14 05:20:00 2015/10/14 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20151001-OYT8I50102-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ