文字サイズ
    30代、40代女性の恋の悩みに、恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの木村隆志さんがアドバイス。

    知らない人から結婚前提の告白…遊び? 詐欺?

    ランチタイムで見かけて一目ぼれ

     突然、面識のない人からアプローチされたら、あなたはどう感じるでしょうか。

     その男性が好みのタイプであり、しかも結婚前提の告白なら、まさにシンデレラストーリーですが、「簡単に信じられない」のが本音。相談者の杏奈さん(仮名、32歳)は、面識のない男性(35歳)から突然アプローチされたことに戸惑っていました。

     杏奈さん「彼と初めて会ったのは、会社帰りに同僚と行った居酒屋でした。お互い近くの会社に勤めていて、私のことはランチタイムで何度か見かけたことがあるみたいなんですよ。私はまったく覚えがないので驚いていたところ、彼は『戸惑うかもしれませんが、よろしければ結婚前提で交際していただけないですか?』と言ったんです」

     木村「無理もありません。まずは告白ではなく、お茶かお食事に誘うのが普通ですから」

     杏奈さん「私はここ3年半くらい恋人がいないこともあって、何が何だか分からなくなってしまって……。そのときは、彼から渡された連絡先をもらっただけで帰りました。それから1週間たちますが、まだ何もしていません」

     木村「彼のことで何か知っていることはありますか?」

     杏奈さん「年齢が3歳上で、不動産会社に勤めていることは聞きました。名刺をもらいましたし、近くの会社なので(うそ)はないと思いますが……」

     木村「身元が心配なら、一度会社あてに電話やメールをしてみてもいいと思います。彼はなぜ杏奈さんを気に入ったのか、何か言っていましたか?」

     杏奈さん「『前にランチで見かけたとき、一目ぼれした』と言っていました。二度目も声をかけられなかったので、居酒屋では勇気を振り絞ったそうです」

     木村「杏奈さんの気持ちを聞かせてください。現時点で彼のことや恋愛・結婚についてどう思っていますか?」

     杏奈さん「この年齢なので、いい人がいたらすぐにでも結婚したいと思っています。彼は紳士的で、見た目もそこそこ好きなタイプなので、『もっと知りたい』という気持ちがありますが、『ちょっと怖い』というのも本音ですね。『遊びじゃないかな』とか、『詐欺だったらどうしよう』とか……」

     木村「不安があるのは当然ですが、期待感もあるのなら、勇気を出して一度会って話してみたらいかがでしょうか。できれば数週間から1か月くらいメールのやり取りをして、仕事、趣味、人間関係、好きな食べ物、結婚観などの会話をかわしてください。不安が軽減されて、会いたいという気持ちが勝ったころに、会えばいいわけですし」

    お互いの期待感をクールダウン

     杏奈さん「メールでいろいろ聞いたら、うっとうしい女だと思われませんか?」

     木村「(首を横に振りながら)突然、告白されたのですから、それくらいするのが当たり前ですし、彼も快く応じてくれると思いますよ。彼はまだ杏奈さんの内面を知らないのに、外見だけで『好き』と言っているので、勝手なイメージを持たれないためにも、いろいろ話しておいたほうがいいでしょう」

     杏奈さん「(不安げに)自分で言うのも変なんですけど、私はわがままなところがあるというか、あまり性格が良くないんですよ。こんな私でも本当に受け入れてくれるのか心配という気持ちもあります」

     木村「心配しているのは、杏奈さんがもうその気になっているという証拠ですね。だからこそ、前のめりでアプローチしている彼と、杏奈さんの期待感をクールダウンさせるつもりで、やはり会う前にメールのやり取りをしたほうがいいでしょう。お会いするときも、『交際の返事はお互いのことをもっと知ってからにさせてほしい』と伝えておくようにしてください。とにかく突然の恋だからこそ、焦りは禁物です」

     杏奈さん「(大きくうなずきながら)気を付けるようにします」

     木村「より慎重に進めるなら、一度目は夜にお酒を飲む店へ行くのではなく、ランチや午後のティータイムでもいいでしょう。より健全な場であり、出会ったときの居酒屋とはムードが一変するので、彼を見る上での判断材料になります」

     杏奈さん「そうかもしれませんね。でも、何だか緊張してきました」

     木村「もともと緊張感するのは普通のことなので、気にしないようにしましょう。告白されたことはいったん忘れて、友人の紹介で出会った男性と思って接してみたらいかがでしょうか。どのみち、知らない男性なのですから、あまり構えなくていいと思いますよ」

     杏奈さん「(うなずきながら)もしうまくいかなくても、もともと会う機会の少ない人なので、後腐れがないですもんね」

     木村「告白されたからと言って、上から目線になるのも変なので、緊張感はいいとしても、できるだけ自然体で臨みましょう」

    ――この1か月後、杏奈さんは彼と会ったそうです。彼はどんな男性で、2人はどんな結末を迎えるのでしょうか。

    2016年07月25日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    木村 隆志   (きむら・たかし
    コンサルタント/コラムニスト。ティーンから中高年世代まで、幅広い年齢層の相談を受け続け、コンサル数は対面だけで通算2万組超。また、各メディアに毎月20本強のコラムを寄稿している。『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)のほか、『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(同文館出版)、『話しかけなくていい! 会話術』(CCCメディアハウス)、『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)、『好感度がアップする プラスひと言会話表現605』(こう書房)、『友活はじめませんか? 30代からの友人作り』(遊タイム出版)などがある。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ