文字サイズ
    30代、40代女性の恋の悩みに、恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの木村隆志さんがアドバイス。

    結婚したい!でも年下男性しか興味が持てない【4択編】

    同年代や年上はオッサン臭くて嫌

     「年上がいい」と言っていた女性が、自分の年齢が上がるにつれて、「年上でも年下でもいい」、さらに「年下がいい」と好みが変わることがよくあります。

     私の相談者さんでも、年下との交際・結婚を希望するアラフォー女性が多く、そのことが婚活を難しくしていることに気付いていても、なかなか考え方を変えられません。なかでも江莉さん(仮名、37歳)は、「絶対に年下の男性がいい」と言い切るほどこだわっていたのです。

     江莉さん「過去には年上との交際が多かったのですが、30代に入ってからは同年代か1~2歳年下ばかりでした。それでも『オッサン臭いな』と思ってしまうことが多かったので、『年上は絶対に無理だな』と感じています」

     木村「その他に『年下男性がいい』と思う理由はありますか?」

     江莉さん「以前は彼にリードしてもらう形が自然だったんですけど、私もいろいろな人生経験を重ねてきたので、今は逆に私が彼を引っ張っていく形のほうがやりやすいんですよ。未熟なところとか失敗したときとかも『許してあげよう』と寛容になれますし、外見も行動パターンも若々しいので、一緒にいて若返るんですよね」

     木村「年上や同年代の男性では、それらができないということですか?」

     江莉さん「自分の年齢を棚に上げて、『何言ってるの』と言われるのはわかっていますが、恋愛対象にならないんですよね。年上や同世代の魅力的な男性は、結婚してしまっているとも思いますし。でも、年上や同年代の男性だって、私の年齢より20代の女性がいいじゃないですか。だからお互いさまかなと思うのですが……」

     木村「恋愛・結婚の対象年齢はどれくらいになりますか?」

     江莉さん「20代後半から30代前半がいいと思っています。それくらいの年齢なら、『何か問題があるから未婚』ということも少ないでしょうし。まあ、これは私自身も『何か問題があるから未婚なんでしょ』と思われがちなことなので、あまり男性のことを言ってはいけないとは思っていますが……」

     木村「家族や友人など周囲の人たちは、そのことについて、どう言っていますか?」

     江莉さん「怒られるだけなので言えないんですよ。でも、あきらめたくないし、『今、頑張れば何とかなるんじゃないか』という気持ちもあります。結婚願望もかなり強いので、顔や年収は普通くらいでいいと思っていますし、うまくいく方法があれば教えてください」

    江莉さんが取るべき行動は? 4択でクリック!


    【A】 出会う男性の数を増やすことに全力を注ぎ、年下との出会いを作る
    【B】 年齢を意識しなくていい出会いの場で、多くの男性と会話を交わす
    【C】 年齢にこだわらず、年下の雰囲気を持った男性に注目する
    【D】 もう一度だけ考え直して、同年代や年上の男性も恋愛対象に入れる

    ※それぞれをクリックすると……(5点満点で採点+解説します)

    2018年04月30日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    プロフィル
    木村 隆志   (きむら・たかし
    コンサルタント/コラムニスト。ティーンから中高年世代まで、幅広い年齢層の相談を受け続け、コンサル数は対面だけで通算2万組超。また、各メディアに毎月20本強のコラムを寄稿している。『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)のほか、『40歳からはじめる 一生の恋人の見つけ方』(同文館出版)、『話しかけなくていい! 会話術』(CCCメディアハウス)、『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)、『好感度がアップする プラスひと言会話表現605』(こう書房)、『友活はじめませんか? 30代からの友人作り』(遊タイム出版)などがある。
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ