復縁をほのめかす元彼。偶然の再会は運命なのか?【4択編】

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

悲しい別れから2年、結婚も考えた彼

 出会いがなく寂しい日々を送っているとき、元恋人と再会したら、あなたは何を思い、どんな行動をするでしょうか? しかも、その元恋人から「会いたい」と誘われたら、冷静な判断がくだせるでしょうか?

 今回の相談者・文菜さん(仮名、32歳)は、約2年前に別れた元恋人(32歳)と、同僚の結婚報告パーティーでバッタリ再会。動揺を抑え、平静を装って話していたところ、彼から思いがけぬ言葉をかけられ、戸惑っていました。

 文菜さん「世間話をして終わりと思ったら、帰り際にわざわざ私のところに来て、『結婚した?』『恋人はいるの?』と聞いてきたんですよ。振られた私としては、多少の意地もあるので適当にごまかしたのですが、彼は『もし旦那さんや恋人がいなければ、またゆっくり話したいから、もう一度会ってくれないかな?』と言ってきました」

 木村「どう返事したんですか?」

 文菜さん「想定外の返事だったので頭がいっぱいになってしまって、『また連絡するから』とだけ言っておきました。それから5日間が過ぎましたが、何を言えばいいのか分からなくて、まだ連絡はしていません」

 木村「別れの理由はどんなことでしたか?」

 文菜さん「彼とは2年8か月間お付き合いしました。30代が迫った私が結婚を焦って、彼を問い詰めたことから険悪な雰囲気になって、最後は振られてしまったんです。当時、彼は『文菜は変わってしまったから、もう好きではない』『俺は結婚願望が薄いから、別の人のほうが幸せにしてもらえると思う』と言っていました。それから連絡しても、まともな返事すらもらえない状態で自然消滅したまま今に至ります」

 木村「結婚話以外に別れの原因はありませんでしたか?」

 文菜さん「私が音楽好きで、ライブとか、フェスとかに行くのが、彼は嫌だったみたいです。今思えば、私も『もうちょっと減らせばよかったかな』と思うところはありますが、彼はゲームとかネットとかインドアな趣味が好きな人なので、もともと気が合わなかったのかもしれません」

 木村「では2年ぶりに再会したとき、正直にどう感じましたか?」

 文菜さん「彼と別れたあと、お付き合いした男性もいましたが、上手(うま)くいかず2か月で別れてしまいました。それから出会いもほとんどないので、正直言うと『もしかして、私のこと好きなのかな?だったらうれしいかも』と思ったのは事実です。でも実際に、『まだ俺にもチャンスがあるのかな?』と聞かれたときは、『どういう意味なんだろう』『これは信じていいのかな?』と頭が混乱してしまいました」

 木村「文菜さんは、彼のことが嫌いになって別れたわけではないですし、現在出会いがなければ、そういう気持ちになるのも当然でしょうね」

 文菜さん「もし彼とやり直すとしたら、『同じ失敗を繰り返さないのか』という不安があるので、彼は今どんなことを考えているのか教えてください」

文菜さんを誘う彼の心境は? 4択でクリック!

【A】 「2年ぶりに会った文菜さんのことが魅力的に見えた」

【B】 「出会いがないため、単純に再会できたことがうれしい」

【C】 「偶然、再会できたことに運命のようなものを感じた」

【D】 「文菜さんを振ったことを後悔し、復縁を願っていた」

※それぞれをクリックすると……(5点満点で採点+解説します)

1

2

3

4

5

6

33216 0 人生100年時代の恋愛指南 2018/07/23 05:20:00 2018/07/23 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180718-OYT8I50058-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ