体調不良の恋人を放置して別れ話に。彼を翻意させる方法は?【4択編】

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

コラムニスト 木村隆志

彼とは近い将来の結婚を考えていた

 恋人の体調がすぐれないとき、あなたはどんな接し方をしますか? もちろん好きで交際しているのであれば、それなりに心配はするでしょう。

 しかし、「仕事やプライベートの予定が詰まっている」「自分の疲労やストレスが()まっている」「このところ恋人の振る舞いに不満を抱えていた」などの事情があるときは、なかなか献身的な看病はできないものです。

 今回の相談者・夏美さん(仮名、35歳)は、恋人(34歳)の体調不良をきっかけに別れ話を切り出され、困惑していました。「そんなつもりはなかったのに……」と戸惑う彼女はどのように対処すればいいのでしょうか。

 夏美さん「先週の金曜夜に会う約束をしていたのですが、彼から『頭痛とのどの痛みがひどい』と言われて会えなくなってしまいました。翌日に彼から何度かLINEで『きつい』『痛い』というメッセージがありましたが、もともと土日は朝から友人たちとの約束があったので会いにいかなかったんですよ。それと、彼はふだんから仕事のグチとか、『熱っぽい』とか弱音を吐くことが多い人なので、『今回も大丈夫かな』と思っていました」

 木村「でも彼は、そんな夏美さんの態度に不満があったんですね」

 夏美さん「彼は私の態度が気に入らなかったみたいで、『こんなのは恋人同士とは言えないし、付き合っている意味がないからもう別れよう』と言われてしまいました。ふだんは一日5回くらいLINEでやり取りしているのですが、それから1週間まったく連絡を取っていません」

 木村「夏美さんとしてはふだん通りの対応だったけど、彼はもっと献身的に看病してほしかったのでしょうね。夏美さんとしては彼と別れたくないのでしょうか?」

 夏美さん「正直言うと、彼には不満があります。会えはグチを聞かされるし、基本的に自分勝手な人なので、彼といると私も気分が落ち込んでしまうときがあるんですよ。でも、2年間付き合ってきましたし、今さら別れようとは思いません。私にも駄目なところはあるので、お互いに受け入れながらやっていこうと思っていました」

 木村「近い将来の結婚を考えていたのでしょうか?」

 夏美さん「そうですね。もう35歳になりましたから。いろいろ不安はありますが……」

 木村「だから仲直りしたいということですね」

 夏美さん「私が悪かったところは謝ろうと思っていますが、できれば彼にも変わってほしいと思っています。このままでは結婚しても、またけんかをしてしまう気がするので」

夏美さんはどうするべきか? 4択でクリック!

【A】 まず彼に謝ることで、別れを回避する
【B】 彼の体調は心配するが、謝らない
【C】 何もなかったようにLINEで会う約束を取り付ける
【D】 彼といったん別れて新たな出会いを探しはじめる

※それぞれをクリックすると……(5点満点で採点+解説します)

1

2

3

4

5

6

無断転載禁止
574684 0 人生100年時代の恋愛指南 2019/05/13 05:00:00 2019/05/13 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190508-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ