ツイッターの別アカで彼の心変わりが発覚!問い詰めるべきか?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

コラムニスト 木村隆志

初めての誕生日もプレゼントなし

 恋人に対して「態度が変わった」「冷たくなった」と感じたとき、あなたはどんな行動をするでしょうか。本人に直接聞いて確かめるのか、聞けずに不安な日々を過ごすのか、それとも……。

 今回の相談者・奈々さん(仮名、37歳)は、ツイッターの別アカウントを作って彼(36歳)に近づくことで、自分への気持ちを確かめようとしたのです。

 奈々さん「彼とは友人の結婚式2次会で知り合って、3回デートをしたあとに付き合い始めました。それから7か月になりますが、『最近、私に対する彼の態度が冷たいな』と感じることが増えたんですよ」

 木村「何がどう変わったのでしょうか?」

 奈々さん「付き合い始めて3~4か月間は毎週末に必ず会って食事していましたし、どちらかの家に泊まっていましたが、今では隔週くらいのペースになりました。私の話もあまり聞いてくれなくなったし、LINEの返信もあっさりしています」

 木村「単に『奈々さんとの交際に慣れたから』というわけではなく、何か不安を抱くところがあるのでしょうか?」

 奈々さん「(不満そうに)1か月前に私の誕生日があったんですけど、何度か行ったことのある居酒屋でおごってくれただけでした。付き合ってから初めての誕生日なのにプレゼントもなかったんですよ。『プレゼントはあとで』と言っていましたが、1か月過ぎても何もありません」

 木村「『プレゼントがほしい』というより、『喜んでもらいたい』という気持ちが感じられないことが気になりますよね」

 奈々さん「(うなずきながら)『彼は私のことをあまり考えてないのかな』『もう好きではないのかな』と思ってしまいます。だからツイッターの別アカウントを作って、彼に近づこうと思ってしまったんですよ。彼は私からのLINEは見なくても、ツイッターは毎日必ずやっていますから」

 木村「どのように近づいたのでしょうか」

 奈々さん「彼のツイートに何度か『いいね』をしてから、コメントを書いてみたんですよ。そしたらすぐに返事が来ました。それが3回続いたあとに、彼からダイレクトメッセージが来たので『あっ、これはヤバイな』と思いました……」

コソコソと探りを入れてしまう理由

 木村「ダイレクトメッセージでやり取りするようになると、『何歳?』とか『どこに住んでいるの?』とか、『恋人はいるの?』とか、いろいろと具体的なことが聞けますよね」

 奈々さん「近くに住んでいて、同じものが好きで、という感じで、彼に話を合わせました。そしたら、『すごく気が合うし、今恋人がいないので、もしよかったら食事に行きませんか?』と言われたんですよ」

 木村「浮気なのか、新しい恋人を探そうとしているのか。いずれにしても、(うそ)をつかれてしまったということですね」

 奈々さん「最近の彼を見ると心変わりというか、『もう私のことなんてどうでもいいのかな』と思ってしまいますね。浮気願望だけだったとしても、それはそれで嫌なのですが……」

 木村「奈々さんはこの先、彼とどうしていきたいのでしょうか? 浮気願望くらいなら見逃すのか、新しい恋人を探していたとしても付き合っていきたいのか、それとも『別れよう』という気持ちもあるのか」

 奈々さん「こうして悩んでいるということは、やっぱり別れたくないのだと思いますし、浮気心くらいなら何もなかったことにしてもいいような気がします。ただ、彼が新しい恋人を探しているのなら、どうしたらいいのか自分ではわかりません」

 木村「『思います』『気がします』『わかりません』と、どこか人ごとのような言葉ばかりですし、自分の恋愛なのに受け身すぎるのではないでしょうか。彼が冷たくなった気がするから、ツイッターの別アカウントで探りを入れる。彼に浮気心があったとしても、何もせずに、なかったことにする。彼が新しい恋人を探していたとしても、何をすればいいのかわからない。どれも彼と向き合おうとしていないことに気づきませんか?」

 奈々さん「すみません。昔からずっとこういう受け身な性格なんです……」

 木村「彼と向き合わないから、コソコソ探りを入れたり、勝手に心配したり、何もなかったことにしたり、思考停止してしまったりするのでしょう。そもそも奈々さんご自身、ツイッターの別アカウントで彼にアプローチしても、携帯電話を盗み見るのと同じで、『いいものは出てこないだろう』とわかっていたのではないでしょうか?」

 奈々さん「(目を閉じてうなずきながら)彼と別アカウントで連絡を取りながら、『誘われるんじゃないか』と思っていましたし、それ以前に『こんなことをしている私はヤバイ女だな』とも思っていました。自己嫌悪ですね」

 木村「どんな人にも、恋人や家族にすら見せていない一面があるものですし、それはわざわざ知らなくていいことでもあります。奈々さんは彼と向き合わずにコソコソするから、知りたくない一面を知ってしまったわけですし、その不安は自分自身で解消していくしかないでしょう」

――彼の心変わりを知ってしまったものの、「別れたくない」という気持ちの強い奈々さんは、どんな行動を取ればいいのでしょうか。

1

2

無断転載禁止
600340 0 人生100年時代の恋愛指南 2019/05/27 05:00:00 2019/05/27 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190522-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ