ヤンキーのルール「嘘はつかない」ママたちに正直に話してみた結果…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「子育てって孤独だ」。そう感じているママは今、日本中にどれぐらいいるだろう。子育てをサポートしてくれる親が近くにいなかったり、夫が育児に協力的じゃなかったり、相談できる友達がいなかったり。やっかいなことにその孤独感は「愛する我が子のために、自分が……」と頑張れば頑張るほど募っていく。
 都心の企業に勤めるサラリーマンの妻・アッコさん(26)も、孤独を感じている一人だ。中部の地方都市で夫と出会い、結婚。その後、夫の転勤で、誰一人友達がいない都会で子育てをすることになった。しかも、彼女には、娘のためにも、都会のママ友には絶対に知られたくない過去がある。実は彼女、全身タトゥーだらけの、ゴリゴリの元ヤンキーなのだ。
 読売新聞オンラインで今月からスタートする「元ヤン子育て日記@TOKYO」。孤独な大都会で子育てに挑む「元ヤン」ママの等身大の気持ちをつづっていく。

慣れない都会での子育てに、孤独を感じることもある(写真はイメージです)
慣れない都会での子育てに、孤独を感じることもある(写真はイメージです)

 私は専業主婦だ。

 夫の転勤を機に地元を離れ、縁もゆかりもない東京へ越してきて、はや1年半。1歳になる娘と夫と3人で慣れない都会暮らしに悪戦苦闘している。

 そして私は元ヤンだ。

 中学の頃どうにも周りに馴染(なじ)めず、気づけばヤンキーになっていた。
 勉強はもちろん、集団行動はしたことがなく、いまだに協調性もない。
 中学校の時の成績はオール1(マンガや小説の世界だけではなく、本当に世の中には存在する)。
 中学卒業後に入ったド底辺の専修学校でも、授業なんてろくに出ず、地元の仲間とつるんで、遊び回る日々を送っていた。

 そんな私だけど、娘が生まれたとき、心の中にちょっとした変化が生まれた。

 「娘には選択肢の多い人生を送ってほしい。娘のために、“ちゃんとした親”にならなきゃ」って。

 右も左も分からない東京での子育ては想像していた以上に孤独だ。

 私は娘と週に3回ほど、児童館へ遊びに行く。
 自分に協調性を付けようという安易な考えから始まった習慣だ。

 何度か顔を出し、私にも何人かママ友ができた。東京に来て初めての知り合いだった。

 とある日のランチ会。ご飯を食べ終え、子育てについて一通り話をし、会話がなくなってきた頃、一人のママが口を開いた。

 「部活何していましたかー? 私、水泳しててー、だから娘にも水泳させたくて」

 聞いた本人はそんなに興味がなさそう。でも私にとっては居心地の悪い話だった。
 それぞれが何部だったか答えていき、ついに自分の順番がやってきた。

中学の時に入ったテニス部はたった3か月で退部した
中学の時に入ったテニス部はたった3か月で退部した

 「テニス部でした」
 「ヘぇー! 高校も?」。

 私は中学1年の時、テニス部に入った。だけど、買ってもらったラケットを早く使いたいのに、夏休みに入ってもまだ素振り。おまけにくそ暑い中、球拾いをさせられたことにイラつき、先輩にボールを投げつけ、たった3か月で退部した。

 ここで一つ。私は(うそ)をつくことができない。
 それは地元でヤンキーをしていたころからのルールみたいなもの。嘘はつかない。仲間は裏切らない。

 「3か月で辞めて、そこからは帰宅部でした」

 一瞬、空気が止まったように感じた。
 あぁ、真面目ママキャラでいきたかったのに。
 覚悟を決めた瞬間――

 「帰宅部いいな~」

 みんな口をそろえて言った。

 私はまだ、元ヤンキーだという過去を彼女たちに話していない。嘘をつくのもイヤだし、気を使わせるのもイヤ。そして、浮くのはやっぱり怖い。話さないのが一番の解決策だと、そこで気づいた。

 コンプレックスってこういうことなのかもしれない。少なくとも今の私には、ママ友との間で話題になってほしくないことがたくさんある。
 そんな時、私は地元の仲間がどうしようもなく、恋しくなる。(つづく)

筆者(アッコさん)プロフィル
 1993年生まれの26歳。中部地方出身。中学時代は「学校がつまらない」と授業をサボり、成績はオール1。その後、私立の専修学校に進学するも不真面目な素行に加え、成績もふるわず、ヤンキーへの道一直線。卒業後、一度は医療事務の仕事に就いたが、遊びたい気持ちを抑えられず退職。職を転々としていたところ、会社勤めをする夫と出会う。都内で夫と1歳の長女と3人暮らし。

無断転載・複製を禁じます
1013924 0 子育て 2020/01/23 05:00:00 2020/08/12 20:25:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200120-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ