読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

右腕のタトゥーに顔しかめた義母、夫は「我関せず」…お前あとでぶっ飛ばすからな

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大都会・東京で子育てに奮闘するアッコさんは、地方出身の元ヤンキー。愛する家族のため、生まれ変わろう――。娘が生まれた時、固く誓ったそうなのですが、消せない“過去”は今も彼女の心に重くのしかかります。「元ヤン子育て日記@TOKYO」の4回目のテーマは、消せない過去「タトゥー」について。

 初めて会う人が私に抱く第一印象はだいたいこんな感じだろう。
 「地味」「チビ」「ぽっちゃり」「いわゆるお母さん」

 この前なんて、スーパーの入り口でイキった中学生に「おばさんこっち、見てんじゃねーよ」と絡まれた。「まだ26歳なんやけど!」と言い返そうとしたけど、なんか本当におばさんっぽくてやめた。

 そんな私を夫は、「顔が豆に似ているね」「サトイモちゃん」なんて言う。
 ウエスト1メートル超えのあんたに言われたかないよ!!……と怒りながら、自分の姿を鏡で確認。
 ……ほ、ほんとだ。

 産後1年、自分の時間なんてなくて、肌もボロボロ。体形もまん丸で、流行(はや)りの服や歌にもついていけない。これが「お母さん」になるということなの?

 ただ、私には周りにはひた隠しにしている“見た目”上の秘密がある。

 6年ほど前のことになる。当時20歳の私は水商売をしながら、クラブ通いや夜遊びに明け暮れていた。

将来のことは何も考えず、ただ「今が楽しければいい!」と思っていた
将来のことは何も考えず、ただ「今が楽しければいい!」と思っていた

 「将来のことを考えなさい!」なんて親に言われても、将来のことなんて簡単に思い浮かばなかった。考えることすらも面倒で、「今が楽しければいい!」って本気で思っていた。

 (むな)しさからなのか、好奇心だったのか、今となっては分からない。
 私は、20歳で初めてタトゥーを入れた。しかも、大好きなロックバンドのロゴをお(なか)にどデカく、どーんとね。

 一度入れるとタトゥーは“癖”になる。最初は服で隠せるお腹だけと思っていたのに、まわりから驚かれるたびに、今度はなに入れてやろうか、という気持ちになった。ずっと容姿にコンプレックスを抱えていた私は、体に何かを刻むことで、生まれ変われるようにも思えた。

 肩、お尻、太もも……。タトゥーは次々と増え、ついに人目にさらされる腕にもタトゥーを入れた。

 「Love the life you live. Live the life you love.」

 レゲエの神様こと、ボブ・マーリーの名言(らしい)。ネットで調べてノリで決めた。英語の勉強もしてこなかったから、この言葉の意味もなんのことかは分からなかったけど。

 ただ、その腕に入れたタトゥーで、私は後に死ぬほど後悔することになる。

 23歳の時、私は当時、付き合っていた夫からプロポーズされた。

 「東京の大企業のサラリーマンからプロポーズ!? これで私は安泰じゃー!!!」と喜んだのも、(つか)の間。夫の家族への結婚のあいさつで、私は、完全に針のむしろ状態になった。

 「長いわー。タトゥーはそれ一つ?」

 初対面の私の右腕の袖をグイッとまくり上げ、顔をしかめた夫の母。背が高く、浅野温子さんみたいなサバサバした雰囲気の人で、ぎょろりと目を向けられるだけで、地元の怖い先輩を思い出し、心臓がググッと縮んだ。

 (あぁ、もう今すぐにでも逃げだしたい……)

 横目で夫に助けを求めると、黙って下を見ている。
 ようやく顔を上げてなんか言ったと思ったら、小さい声で「焼酎なかったっけ?」。
 お前あとでぶっ飛ばすからな。

 夫の家族全員が鋭い目で私に注目する中、緊張に耐えきれなかった私はとっさに言った。

 「はい。これだけです」

 ……やっちゃった。以前、「私はウソがつけない」と書いたけど、この時はどうしようもなかった。

 夫と出会って、水商売も辞め、大きなアパレル会社に再就職した。夜の街と距離を置いたことで、実家との関係も良くなってきたし、新しい生き方ができるかもって、少しだけ自分の将来像を描けるような気がし始めていた頃。

 なのに、軽いノリで入れたタトゥーに今の生活を壊されちゃうのは、絶対にイヤ!! その一心から出た言葉だった。

 どれぐらい沈黙が続いただろう。しばらくして義母はつぶやいた。
 「2人が本気なら仕方ない」
 ホッとした一方、私は胸の底がずーんと重くなった。

子どもをしっかり育てて、何が何でも幸せな家庭を築くしかない
子どもをしっかり育てて、何が何でも幸せな家庭を築くしかない

 大嫌いだったはずのウソをついてまでした結婚だ。こうなったら、義母に「あなたが結婚相手で良かった」と思ってもらうぐらい、何が何でも幸せな家庭を築くしかない。

 ずっと笑顔でいなきゃ。子どもにもたくさん話しかけて、本も1日10冊は読み聞かせてあげる。午前午後にはお散歩。テレビもケータイも見せちゃだめ。ベビーフードは使わない。そして、もちろん右腕のタトゥーはシールで隠して完全防御。

 育児で相談できる人もいないから、育児本のいいなりになるしかない。あれこれやっていると座る時間もないし、すごく気が張っているから、子どもが寝てくれると、疲れがどっと出た。

 タトゥーのせいでこんな生活を送ることになるとは、夢にも思っていなかった。

 中学生に絡まれた日の夜、帰宅した夫に「見てんじゃねーよって言われた!」って伝えたら、「怖いもん知らずやなぁ…」って逆に中学生を褒めていた。

 相変わらずの調子でちょっとイラッとしたけど、ふと思った。ひょっとしたら、私、中学生にナメられるくらい、お母さんをやれているのかな、って。

 「Love the life you live. Live the life you love.」

 夫によると、「自分の人生を愛し、愛せる人生を生きろ」って意味らしい。

 正直、タトゥーを入れたことはすごく後悔している。だけど、家族が寝静まった夜、お風呂であらわになったこの右腕を見ると、何だか明日も頑張ろうと思えるから不思議だ。

 筆者(アッコさん)プロフィル
 1993年生まれの26歳。中部地方出身。中学時代は「学校がつまらない」と授業をサボり、成績はオール1。その後、私立の専修学校に進学するも不真面目な素行に加え、成績もふるわず、ヤンキーへの道一直線。卒業後、一度は医療事務の仕事に就いたが、遊びたい気持ちを抑えられず退職。職を転々としていたところ、会社勤めをする夫と出会う。都内で夫と1歳の長女と3人暮らし。

無断転載・複製を禁じます
1088362 0 子育て 2020/03/05 10:58:00 2021/03/21 08:50:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200304-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)