「保活、保活うるせぇな」…ママ友の話についていけない元ヤンのもやもや

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 地方出身の元ヤンキー、アッコさんは友達も親類もいない東京で子育てに奮闘する専業主婦。最近、ママ友との間で話題になると、ど~にも居心地悪くなるのが、子どものために保育園を探す「保活(ほかつ)」の話なのだとか。でも、なぜそんな気持ちが生まれるのか。「元ヤン子育て日記@TOKYO」の6回目です。

 「保活どう?」

 ……また始まったよ。
 子育て教室やママ友会の話題はいつもこれで持ちきり。そんなときは心の中でつぶやいてみる。「チッ。保活、保活うるせぇな」

ママ友と集まると、いつも「保活」の話が始まる
ママ友と集まると、いつも「保活」の話が始まる

 周りのママ友は、ほとんど「育休・産休中」。仕事を辞めて専業主婦になった私とは同じようでちょっと違う。

 この話題が始まると、えらくもやもやした感情がわいてくる。

 たぶん、ベースにあるのは妬みだ。
 専業主婦は専業主婦ですごくやりがいはある。
 だけど、働きたいと思っている私も実はいる。

 周りのママ友が盛り上がる中、ちょっと考えてみる。

 地元を離れて知り合いもいない元ヤンの私が働ける職場ってどんなだろうなぁ。

 まず、子育てに理解があって、時間の融通が利く職場。子どもが熱を出したら早引きしないといけないし、仕事漬けの夫にはいろいろと任せづらい。

 そして、タトゥーOKか、長袖の制服がある職場じゃないとダメ。

 私服の職場は夏がダメだ。「アッコさんどうしていつも長袖なんだと思う?」とヒソヒソと話されるのは目に見えている。

 う~~~ん…………。

 もし仕事が見つかったとしても、だ。家事と育児さらには仕事を毎日こなせるかな?

 娘が生まれてから、たくさんのママに出会った。だけど、「専業主婦」にはまだほとんど会ったことがない。

 東京には専業主婦が少ないのか、ただ単に私が出会っていないだけなのか……。

 地元にいたころは、女性のキャリアなんてムズカシイ話は自分の人生とはかけ離れていて考えもしなかった。

 地元の友達は、お金さえ稼げればいい!とバイトや単発の仕事で働いている子ばかり。私もその中の1人だったし。「人生楽しければいいもーん!」なんて調子だった。

 だから妊娠して仕事を辞めた時は、「ラッキー!これで明日から仕事しなくていいじゃん!」って心の底から思っていた。

 でも、ママ友が増えるにつれて「専業主婦です!」と名乗るのがちょっと恥ずかしくなってきた。なんだか、人生の大切なコトをサボっているみたいに感じてきたのだ。

 学歴も職歴も積み重ねてきた経験もない。そんな自分が世の中に出て何かできるのかな?

 そんなことを考えていると、会社での立場もあり、子どもも立派に育てているママたちが、とってもまぶしく思う今日この頃なのだ。

 「ここの保育園へ見学に行ってきて~」「あそこの保育園は(すご)くオススメ。人気でなかなか入れない」――。

人気の保育園はなかなか入れないらしいのだが……
人気の保育園はなかなか入れないらしいのだが……

 「保活」の話題が始まると、みんな得意げにしゃべりだして、無知な私はいつもポツンと置いていかれてしまう。

 話はどんどん進んで、いつの間にか女性の社会進出にまで発展してるし。

 「う、羨ましい……」
 こんな時、勉強しておけば良かったと自分の人生すら後悔してしまう。

 スーツで満員電車に揺られ、資料を作って会議でプレゼン。昼休みには職場の仲間とランチ。たまに飲み会で遅くなったりするのかなぁ?

 それにしても、仕事してたら休む暇なしだなぁ……この人たちスゲェー!

 そんな妄想をしていると、私を気遣ってくれた人が声をかけてくれた。

 「仕事することは考えていないですか?」

 過去を洗いざらい話して、就職の相談をすれば仕事は見つかるだろうか?……だけど、そんなわけにもいかず。

 「いろいろ探してはいるんですけど~なかなか難しいですよね~」

 と東京に出てきて覚えた作り笑顔で返してみる。そしてちょっぴり自己嫌悪。

 自分の生き方に胸を張って、私カッコいいでしょ!と言える日はまだ先になりそうだ。

【次回更新は4月16日(木)の予定です】

 筆者(アッコさん)プロフィル
 1993年生まれの26歳。中部地方出身。中学時代は「学校がつまらない」と授業をサボり、成績はオール1。その後、私立の専修学校に進学するも不真面目な素行に加え、成績もふるわず、ヤンキーへの道一直線。卒業後、一度は医療事務の仕事に就いたが、遊びたい気持ちを抑えられず退職。職を転々としていたところ、会社勤めをする夫と出会う。都内で夫と1歳の長女と3人暮らし。

無断転載禁止
1143570 0 子育て 2020/04/02 09:56:00 2020/04/02 09:56:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200324-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ