「ワンオペ育児」のモヤモヤ、私はこうして抜け出した

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 家族も友達もいない東京で、子育てに奮闘する地方出身の元ヤンキー・アッコさん(26)にとって、大きな悩みの一つが「夫が仕事でやたらと忙しい問題」です。家事も子育ても一人でこなし、小さい娘と片時も離れずいる日々で、知らず知らずのうちにストレスがたまり、夫婦の間にも亀裂が生じます。人気連載「元ヤン子育て日記@TOKYO」。今回のテーマは、「ワンオペ育児」で考えたこと。

子どもができて知った現実

夫の帰宅は遅い。子どもができるまでは気にならなかったが……
夫の帰宅は遅い。子どもができるまでは気にならなかったが……

 夫の帰宅時間はいつも遅い。
 午後9時に帰ってくれば、「いつもより早いじゃん!」って感じで、日が変わってからの帰宅なんてザラだ。
 2人で暮らしていた時は、全然気にならなかった。
 「自分の好きなことして過ごせるわ~」って、仕事から帰宅すると、海外ドラマを見たり、ヨガへ通ったりってな感じで。

 母親が一人で家事も育児も担う「ワンオペ育児」っていう言葉を初めて聞いた時だって、「なんじゃそれ、外で働くのも大変じゃない?」ぐらいにしか思っていなかった。

 だけど、娘を妊娠した時から、私はその現実を知ることとなる。

夫は仕事に没頭、育児の負担は私の肩に

 私と結婚してから、夫はそれまで以上に一段と「仕事人間」になった。やりがいのある仕事を担当するようになったことに加え、今時とは言えないかもしれないけど、「俺が家庭を支える」という気持ちが強かったのだと思う。
 そんな頑張る姿を見て、私も夫を支えたいと思った。

夫の負担になるまいと、安産祈願もベビーグッズの購入も一人でこなした
夫の負担になるまいと、安産祈願もベビーグッズの購入も一人でこなした

 妊娠してからも彼の負担になるまいと、出産前のパパママ学級も、(いぬ)の日の安産祈願も、ベビーグッズを(そろ)えるのも一人でこなした。娘を産んだその日も、出産を見届け、仕事に向かう夫を「頑張ってね」と送り出した。その日の夜、周りが夫婦そろって食べている「お祝いディナー」を一人寂しく食べている時は、さすがに少し涙がこぼれたけれど……。

 その後も似たような感じ。平日の家事や育児はもちろん一人でやるし、夫の助けを心待ちにしていた週末ですら、「ごめん! 仕事になった」と休みが帳消しになることもしょっちゅうある。

 「仕事だから仕方ない!」「家事、育児に加えて、仕事をしていて、私より大変な状況の人はたくさんいる!」って自分に言い聞かせながらも、「2人の子どもなのに、なぜ1人で子育てをしているんだろう」とお(なか)の底からモヤモヤした感情が湧いてくる。最初は、お互い頑張ろうと思っていただけのはずなのに、自然と口論も増えていった。

 娘を産んで半年たった頃、夫が私にスマホの画面を差し出してきた。映っていたのは、「子育て支援センター」を紹介する区のホームページだった。

同じ思いを抱えたママたち

 しばらくして、私はすがるような思いで子育て支援センターを訪れた。驚いたのは、思っていた以上にママさんがたくさんいたこと。みんな私と同じで、誰かの支えを必要としている人たちだと思うと、オアシスを見つけた気分。ホッとして、なんだか泣きそうになった。

 何度か足を運んでいると、友達もできた。

 「〇〇ちゃん、もうハイハイしてるー!」
 「どこへお散歩に行っていますか?」
 子どもの成長の話や、不安に思っていることなんかを話すと、すうーっと気持ちが楽になる。自分の話や、夫の話は一切せず、ただ子育てについて話すだけ。それがまた気楽で、自然とセンターの外に出て、みんなでランチをしたり、お散歩へ行けない雨の日に家で集まったりするようになった。

 支援センターでの週に何度かの「息抜き」は、娘と2人きりで過ごす自宅での時間も変えてくれた。夫の帰りをただ待っていた頃と違って、せっかくだから、楽しもうという気持ちが生まれたのだ。

 例えば、夕食の時間。毎日2人きりのご飯じゃ娘もつまらないかな、なんて思って、ぬいぐるみを食卓に集めてにぎやかな夕食会を開くことにした。プーさんはご飯食べさせ係、コキンちゃんはフルーツ食べさせ係。おっ、これは娘も上機嫌で食べてくれる。今度、みんなに教えてあげよう!という具合。

 うまくいったこと、失敗したこと、いろいろあるけど、夫以外にも話ができる相手がいる分、前向きになれる。

ママ友と公園に行けば、息抜きができる
ママ友と公園に行けば、息抜きができる

 「夫の休みが突然なくなる問題」は今も続いているけど、そんな時には、同じくワンオペのママ友に連絡する。

 「今週の土曜日、予定空いていませんか?」
 「うちの夫も仕事になったんです! 公園行きましょう!」

 そして、息抜きを楽しんだ後は、こんな会話を交わすのだ。
 「今日はお互い、とことん手を抜こうよ! たまにはいいでしょ」

 よし! 今夜は、早めに娘を寝かしつけたらストレッチ、その後は、パックをしながら海外ドラマタイムだー! 自然にテンションも上がる。

夫も気づいた私の変化

 「あれ? ちょっと雰囲気変わった?」

 支援センターに通い始めてしばらくたったある日、帰宅した夫が、私を見て首をかしげた。

 「そうかな?」。私はそっけなくそう返事した。

 夫は知らない。私が娘を寝かせたあとに、筋トレをして、ストレッチをして、パックをして、スチーマーで顔の保湿に努めていることを。ママ友が増えて、昼間はちょくちょく家の外に遊びに行っていることを。

 結局、我が家の「ワンオペ育児」は未だ解消されていないし、世の中には、家事や育児に加え、仕事もしているママさんはたくさんいる。家族のあり方は本当に多様だから、一概には言えないことだけど、私の場合……。

 頑張ることより楽しむこと、家庭の問題だけど家庭の外に、ひとまずではあるけれど、自分は救われたと思う。ちなみに、私の心境の変化と同時に、夫の働き方も少し変わってきたのだけど……それはまた別の機会に。

【次回更新は7月23日(木)の予定です】

 筆者(アッコさん)プロフィル
 1993年生まれの26歳。中部地方出身。中学時代は「学校がつまらない」と授業をサボり、成績はオール1。その後、私立の専修学校に進学するも不真面目な素行に加え、成績もふるわず、ヤンキーへの道一直線。卒業後、一度は医療事務の仕事に就いたが、遊びたい気持ちを抑えられず退職。職を転々としていたところ、会社勤めをする夫と出会う。都内で夫と1歳の長女と3人暮らし。

無断転載・複製を禁じます
1330634 0 子育て 2020/07/09 10:00:00 2020/07/09 12:09:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200707-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ