夏なのに憂うつ…タトゥーの秘密、義母には本当のことを話したけれど

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 連日の猛暑に見舞われている今年の日本列島。東京で子育てに奮闘する地方出身の元ヤンキー・アッコさん(26)にとって、夏はとても悩ましい季節なのだそう。原因は若かりし頃に入れた全身のタトゥー。特に人目につく場所にある右腕のタトゥーは外出の度にシールを貼って隠しているそうなのですが……。読売新聞オンラインの人気連載「元ヤン子育て日記@TOKYO」。今回は夏とタトゥーと過去と未来――について。

長袖は日焼け対策?……でも手首は焦げ茶色

なんでいつも長袖?……ママ友もそろそろ不思議がる頃か
なんでいつも長袖?……ママ友もそろそろ不思議がる頃か

 ミーン、ミーン、ミーン―――………。

 長かった梅雨が明け、やっと東京にも夏がきた。気温は連日30度以上。窓を開けるだけで、全身からブワーッて汗が出てくる。

 今日は、よく公園で遊ぶママ友との約束がある。
 「遊びに行くよー!」
 声をかけると、娘は「おーっ!」と小さく拳をかかげ、玄関に駆け出した。お出かけが待ちきれないのだろう。パジャマ姿のまま靴を履いている。

 さて、と……。
 うれしそうな娘とは違って、私は出発前のこの時間がちょっとニガテ。
 原因は右腕のタトゥーだ。夏が近づくと、毎回この30センチほどの“やっかいな過去”にテーピングを貼りながら、「何を着ていこうかぁ」って悩むことになる。

 いつも決まって長袖のTシャツを手に取るけど、「アッコさん、なんでいつも長袖なんだろう?」なんて、そろそろ不思議がられるかもしれない。
 日焼け対策と言っても信じてもらえないだろう。チラリとのぞく手首は焦げ茶色に日焼けしている。

 うれしいことに、東京に来てから娘を通じて仲良しのママがたくさんできた。子育ての悩みや楽しさを共有したり、オススメの通信教育について情報交換したり……。
 同じ目線で何でも話せる存在――と言いたいところだけど、自分の過去についてはいまも隠し続けている。仲良くなればなるほど、大きなウソをついている気分になって、ここ最近はよけい悩むようになった。

 「いっそ、話してしまおうか」と思ったこともあるけど、そういえば、以前こんなことがあった。

夫は新聞社の知り合いに、私のことをこう話した

 「コラム書いてみない?」

 去年の秋頃だったと思う。その日、夫はえらく興奮した様子で帰宅してきた。酒に酔うと、地方出身の元ヤン妻の話を始める夫は、新聞社の知り合いに私の話をしたらしい。そこで「地方から出てきて、都会で子育てに苦労している人って多いし、せっかくだからネットでコラム書いてみたら?」と言われたんだとか。

 最初は冗談半分だったと思う。しかし、夫は「コラムニストってなんか良いじゃん!」とノリノリに。企画書を作ってみたり、試作してみたり……。あれよあれよという間に掲載が決まった。

 掲載前、最初に原稿が完成したとき、夫は爆笑していたけど、私は企画を説明する文章を見て、あることに気づき、血の気が引いた。

 〈実は彼女、全身タトゥーだらけの、ゴリゴリの元ヤンキーなのだ。〉

 「あっ、私、タトゥーは右腕の一つだけだって、お義母(かあ)さんにウソついてた!」

「実は……タトゥーは全身に」

楽しい晩ご飯の席で、私は意を決した
楽しい晩ご飯の席で、私は意を決した

 以前、この連載でも触れたけど、結婚する前、私は義母に大きなウソをついていた。

 夫の実家にあいさつに行った時のこと。義母に「タトゥーはこの右腕の一つだけ?」と問われ、思わず「はい。この一つだけです」と……。緊張もあったし、タトゥーに対する世の中の厳しい目を感じていたのも事実だ。

 無邪気な夫はすでに「アッコがコラムを始めるんだ」と両親に喜々として話している。あの時は一生、全身のタトゥーのことは秘密にしよう、と心に誓っていたが、もし本当にこのコラムをやるとすれば、全てを正直に打ち明けなければならない。

 結婚後も夫の実家には本当によくしてもらっている。夫抜きで、私と娘だけで泊まりに行くこともよくあるぐらいで、今の関係は本当に壊したくない。もしウソをついていたことを打ち明けて、義母にがっかりされたら……。

 不安ばかりが頭をよぎり、「いっそのこと、コラムをやめてしまおう!」って夫に相談したら、「一つタトゥーがあれば、他にもあると思ってるよ」と能天気な返事。
 「人のタトゥーをゴキブリみたいに言うな!」と思ったけど、いずれどこかでばれる日が来るかもしれない。私はタトゥーのことを正直に話すことにした。

 その日、義父母はいつものように、朝から娘とたくさん遊んでくれた。「子育て頑張ってるから、こんなに元気に育ってるんやなぁ」なんて、優しい言葉まで……。

 ううう。罪悪感がどんどん増していき、打ち明けるタイミングを逃しまくる。「いつ話そう……」「今、今?」「今……じゃないよね」って、思っているうちに、いつの間にかみんなで楽しく晩ご飯を食べ終えていた。

 お義父(とう)さん、お義母さんの晩酌が始まり、私は意を決した。
 「あの……コラムを始める前に、話さなきゃならないことがあります」
 めったにない改まった様子にみんな怪訝(けげん)な顔をする。

 「実は……タトゥーは1か所ではありません。全身にあります。今まで、ウソついていてごめんなさい!!」

 「!! そうなん?」。突然の告白に絶句した2人。これまで一緒に過ごした日々がバーッて頭の中に浮かんで涙が(あふ)れた。
 夫はいつも通り、隣で黙って推移を見守っている。

 どれぐらい沈黙が続いただろう。お義母さんが口を開いた。

 「変わろうとして、子育ても一生懸命に頑張っている姿を知っているし、気にすることないで」

過去は簡単に消し去れない……うーむ

右腕の“やっかいな過去”をテーピングで覆う
右腕の“やっかいな過去”をテーピングで覆う

 こんなことを思い出しながら、タトゥーのことをママ友に打ち明けても、仲良くしてくれるかなぁなーんて、考えてみる。

 だけど、夫の両親のように、過去に関係なく自分と接してくれる人はどれぐらいいるのかなぁ。タトゥーがあると知ったら、私のイメージは変わるかもしれない。そのせいで、いまの関係が崩れるのは……やっぱり怖い。

 結局、長袖に腕を通し、この日も娘と公園へ行った。

 「今日は日差しが強いですねー」って、これでもかって日焼けを気にするアピールをしてみる。公園から帰宅して、右腕に貼ったテープを剥がすと、汗でかぶれていた。

 なんだか最近はタトゥーのことが頭から離れない。帰ってきた夫に「タトゥーを消したい」と言ってみると「いくらかかるの?」なんて聞いてくる。

 ネットで調べたら、全身全部消すとしたらビックリ価格の「ウン百万円」コース! う~ん。どうやら過去というものは、簡単には消し去れないらしい。

 未来は変えられるけど、過去はなかなか消せない。
 過去はなかなか消せないけど、未来は変えられる。

 やっぱり夏は悩ましい季節だ。子どもの頃は大好きだったはずなのに……。

【次回更新は9月3日(木)の予定です】

 筆者(アッコさん)プロフィル
 1993年生まれの26歳。中部地方出身。中学時代は「学校がつまらない」と授業をサボり、成績はオール1。その後、私立の専修学校に進学するも不真面目な素行に加え、成績もふるわず、ヤンキーへの道一直線。卒業後、一度は医療事務の仕事に就いたが、遊びたい気持ちを抑えられず退職。職を転々としていたところ、会社勤めをする夫と出会う。都内で夫と1歳の長女と3人暮らし。

無断転載・複製を禁じます
1421583 0 子育て 2020/08/20 10:01:00 2020/08/20 10:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200818-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ