今になって知る親心…タトゥー入れた私に人目を忍んで泣いた母

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京で子育てに奮闘する地方出身の元ヤンママ・アッコさん(26)。最近、妙にナマイキになってきた娘を見て、ふと自分の両親の顔を思い浮かべたのだとか。グレにグレまくった自分のこと、二人はどう思っていたんだろう……。読売新聞オンラインの人気連載「元ヤン子育て日記@TOKYO」。今回のテーマは、子を持つ親の気持ちについて。

もうすぐ2歳…とにかくナマイキな娘にイラッ

 もうすぐ2歳になろうとする娘はとっても手がかかるオマセさんだ。
 目を離した隙にあっちに行ったり、こっちに行ったり。最近は口も達者になってきて、とにかくナマイキ!

 でも、夫(いわ)く、「娘の方がアナタ(=私)よりよっぽど聞き分けがいい」らしい。

 え? 2歳児より聞き分けの悪い成人女性ってどういうこと? つーか、よくそんなこと思いながら結婚したな! 心の中で突っ込みを入れながら、昔を思い出してみる。

 当然、2、3歳の頃のことは覚えていない。だけど、10代の時は、うん、確かに。親の言うことなんかひとつも聞かなかった。いまの娘ですらイラッとくるのに、体の大きくなった「聞き分けのない子」って、メチャクチャ大変じゃないか。

 そういえば、両親は私のこと、どう思っていたのだろう。

久々の帰省…幼少時の写真見て、ふと気付く

娘と「じぃじ」「ばぁば」は一緒にお風呂に入ったり、公園へ行ったりして、ご機嫌だ
娘と「じぃじ」「ばぁば」は一緒にお風呂に入ったり、公園へ行ったりして、ご機嫌だ

 新型コロナの感染拡大による移動自粛が解除された後、私は気分転換に1週間ほど実家へ帰省した。

 いつものように「おかえり」と笑顔で迎えてくれた両親。顔を見ると、なんだかすごくホッとした。春からの自粛生活にワンオペ育児。最近、ストレスがたまることが多かったからなぁ。

 久しぶりにじぃじ、ばぁばと会う娘も案外すんなりなじんだ。「じぃじ!」「ばぁば!」と笑顔で呼んで、ずっと後をついて回る。一緒にお風呂に入ったり、公園へ行ったりして、とにかく四六時中「じぃじ!ばぁば!」。両親も眉をハの字にして初孫に手を引かれるままだった。

 そんなある日、居間のソファでくつろいでいると、テレビの横にあった写真立てが目に入った。家族みんなで笑っている写真に3姉弟(きょうだい)でポーズを決めている写真、地元の遊園地でパンダの乗り物に乗っている写真もある。

 どれも、私のスマホに入っている娘の写真と同じで、楽しそうなものばかり。

 はたと気づいた。

 この時、両親は、いまの私と同じ気持ちでシャッターを切っていたのかもしれない。娘の成長を喜び、明るい未来を思い描きながら……。

 独身の頃の私は、親の気持ちなんて全く考えたことがなかった。
 一人で生きていると勘違いして、やりたい放題。家庭でも学校でも反抗しまくっていると、両親は次第に私のやることに干渉してこなくなった。

 タトゥーを入れた時も、もちろん相談はなし。初めてお(なか)のタトゥーを見た両親は、「まぁ、後悔しないならいいんじゃない?」って苦笑いした。

 夫との交際が始まる前に付き合っていた「自称ラッパー男」を引き合わせた時にも、ちょっと困惑しつつ「あなたが選んだならいいんじゃない?」って言われた。

 当時は「うるさいこと言われなくてラッキー!」程度にしか思っていなかったけど、いまはちょっと違う。もしかしたら、どうしたらいいかわからなくて、胸が張り裂けそうなほど(つら)かったんじゃないだろうか。

出るわ出るわ…私も覚えていない「やんちゃ話」

夜遊び、車、タトゥー……。若い頃の私はやりたい放題だった
夜遊び、車、タトゥー……。若い頃の私はやりたい放題だった

 ある夜、娘が寝静まったあと、両親に聞いてみた。

 「そこの写真見て思ったんだけどさ、私がグレて、悲しかったよね?」

 母は一瞬、驚いた表情を浮かべ、笑った。
 「そりゃ、毎晩悩んで、泣いてたわ!」

 やっぱり! てか、泣いてたの?

 すると、ここぞとばかり、出るわ、出るわ。昔のやんちゃ話。
 「あの車の事故を起こした時はさ……」
 「夜遊びを注意したら、こんなふうに怒鳴(どな)りちらされて……」

 もし私が娘にされたら、ショックで立ち直れないほどのヘビーなエピソードを笑いながら話す両親。しかも、「自分は自分の好きなように生きる」と言ってたくせに、そのほとんどを私自身が覚えていない。顔から火が出るほど恥ずかしくなった。

 聞けば、タトゥーを初めて見た日の夜も、母は私のいないところで泣いたらしい。

 「本当にごめん」。そう謝った私に、母はまたまた驚いた表情を浮かべ、「いまが幸せなら、それでいいんだよ。それも成長の過程だってこと」とだけ言った。

娘がグレたら…「成長の過程だった」と言えるかな

 東京へ戻ると、また慌ただしい毎日が始まった。

東京に戻れば、娘は相変わらず、家中を荒らしまくっている
東京に戻れば、娘は相変わらず、家中を荒らしまくっている

 娘は相変わらず、くそナマイキな態度をとりながら家中を荒らしまくっている。
 夫も仕事漬けの毎日。しかも帰ってきたと思ったら、すぐにご飯を食べて、つい最近買ったゲームを始める。
 もちろんイラッとしないこともない。ただ、ちょっとだけ特別な帰省を終えたいま、そんなカオスな日常も温かく見守れるから不思議だ。

 ある日、ゲームをしていた夫に聞いてみた。
 「もし娘がグレたらどうしよう」
 すると夫は「俺たちの子でしょ? グレるんじゃない?」とさらりと言う。彼に言わせれば、「人を傷つけなければ、どんなにやんちゃでもいい」らしい。
 なるほど……。そうきたか。

 私は、娘には真っ()ぐ育ってほしいと心の底から願っている。そのためには、私も“ちゃんとした母親”にならなければいけない。そう思ってきた。

 多分、根底には、過去へのコンプレックスがある。親も含め、いろんな人に迷惑と心配をかけまくり、学歴もまともな職歴もなし。要は、自分みたいになってほしくないという気持ちだ。

 でも、最近、知った。そんな私の過去を辛抱強く見守ってくれていた人がいる。

 もし娘が、自分の望まない道を歩み始めたら、私はどう思うだろう。
 「成長の過程だった」って、いつか笑顔で振り返ることができるのだろうか? 

 今更だけど、両親と話したいこと、山ほどある。

【次回更新は9月17日(木)の予定です】

 筆者(アッコさん)プロフィル
 1993年生まれの26歳。中部地方出身。中学時代は「学校がつまらない」と授業をサボり、成績はオール1。その後、私立の専修学校に進学するも不真面目な素行に加え、成績もふるわず、ヤンキーへの道一直線。卒業後、一度は医療事務の仕事に就いたが、遊びたい気持ちを抑えられず退職。職を転々としていたところ、会社勤めをする夫と出会う。都内で夫と1歳の長女と3人暮らし。

無断転載・複製を禁じます
1451329 0 子育て 2020/09/03 10:13:00 2020/09/03 10:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200831-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ