読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新連載「パリの三つ子ちゃん×辻仁成の子育てエッセー」始まります!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ニコル・ランベール作・三つ子ちゃん
(c)Nicole Lambert

 読売新聞オンラインは、2月から新連載「パリの三つ子ちゃん×辻仁成の子育てエッセー」の掲載を開始します。

 「三つ子ちゃん」は、パリ在住のイラストレーター、ニコル・ランベールさんによる子育てマンガです。1980年代に登場したキャラクター。パリに暮らす小さな三つ子が起こすドタバタや、子供らしいびっくりするような発言がかわいらしい筆致で描かれ、日本でもかつて雑誌に掲載され、人気を博しました。

 今回、このマンガを翻訳し、エッセーを寄せてくれるのは、パリ在住の作家・ミュージシャンとして知られる辻仁成さんです。辻さんは、パリでシングルファザーとして男の子の子育てに奔走する経験の持ち主です。パリの風景を織り込みながら、子育ての楽しさや難しさを、独特の優しいタッチで、エッセーにしていただきました。

 これから始まる連載を前にお二人にコメントをいただきました。

 ニコル・ランベールさん

「この『三つ子ちゃん』は、世界で長く愛されている作品です。日本でも雑誌連載や書籍化がされ、多くの人に愛されてきました。子育て中のみなさん、今、この瞬間の一つ一つを楽しんで!ゆっくりでいいのです。子供時代というのは短くて、子供を育てるということは、人生で最も楽しいことだというのを忘れないでくださいね」

 辻仁成さん

「三つ子ちゃんたちが巻き起こすユーモラスな日常がワンシーンの中に微笑ましく描かれ、クスッと笑わせられたり。イラストも可愛いく色づかいもキレイで、三つ子ちゃんたちのやんちゃぶりに、自身の子育ての頃を重ねています。楽しい連載になりそうです」

「三つ子ちゃん×辻仁成の子育てエッセー」一覧はこちら

作者プロフィル

 ニコル・ランベール(Nicole Lambert)

 1948年、パリ生まれ。美術学校を経てモデルとしてのキャリアをスタートし、その後、子供服やおもちゃのデザイナーとして働き始める。雑誌向けにイラストを描くなかで、1983年に『マダム・フィガロ』で「三つ子ちゃん(Les Triples)」の連載を開始。同作は人気を集め、世界で翻訳・販売される。日本ではフランス国外で初めて書籍化された。テレビ化もされ、近年は世代を超えて親しまれている。一男一女の母。

 辻 仁成(Tsuji Hitonari)

 1959年、東京生まれ、パリ在住。作家。89年「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞。97年「海峡の光」で芥川賞、99年「白仏」のフランス語翻訳版「Le Bouddha blanc」で仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。長男が小学5年生の頃から、シングルファザーとしてパリで子育てを行う。ミュージシャン、映画監督、演出家など文学以外の分野にも幅広く活動。Webマガジン「Design Stories」主宰。

 

無断転載・複製を禁じます
1029692 0 三つ子ちゃん×辻仁成 2020/02/07 10:15:55 2020/02/21 11:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/LES-TRIPLES_123.1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)