見送る記者は泣いた 華々しさの裏に過酷なプロ棋士の掟

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

盤面に向かう豊島九段(左)と渡辺名人

 将棋の第35期竜王戦の挑戦権をかけた本戦が開幕した。将棋界の最高位と賞金4400万円をかけて藤井聡太竜王に挑戦する棋士は誰か。全3回でお届けする竜王戦スペシャルトークの最終回。

竜王戦おやつに「富士山」を…藤井竜王「森林限界」発言からイメージ、高校生スイーツ商品化へ

 竜王戦を取材する文化部将棋担当・吉田祐也記者と写真部・若杉和希カメラマンのトークは、勝負の世界の過酷さに及んでいく。

 昨年のクリスマス・イブ。渡辺明名人と豊島将之九段の対局は日をまたぐ大熱戦となった。

 勝者と敗者に引き裂かれる世界。狭き門を突破してプロ棋士になったとしても、成績を残せない棋士はやがては引退に追い込まれる。若くして引退した棋士の背中を見送った吉田記者の胸に去来した思いとは。

 そしてこれからの藤井竜王について。現在、竜王を含めて五冠を有する。全八冠のタイトル制覇も夢ではないのか。

藤井聡太竜王に関する最新ニュースはこちら
スクラップは会員限定です

使い方
「ライフ」の最新記事一覧
3118306 0 読売新聞ポッドキャスト 2022/07/01 06:00:25 2022/07/06 12:13:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/toyoshimawatanabe.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)