読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

卵子凍結に託す思い、「産みどき」はいつ? 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

凍結卵子の記録
凍結卵子の記録

子どもを持つ可能性残したい

 卵子の凍結保存で将来の妊娠・出産に希望をつなぐ独身女性がいると聞き、気になっていた。子どもは授かりものだと言うし、否定的な意見もあるけれど、28歳を過ぎた記者も「産み時」について考えるひとりだ。経験者と専門家に話を聞いた。(藤井有紗)

「若さ」保存

 東京都の独身女性A子さん(35)は今年、計16個の卵子を凍結保存した。

 卵子の老化は30代後半から加速し、妊娠・出産率は一気に低下する――。昨年たまたま目にした卵子凍結のウェブ広告をきっかけに、具体的に考え始めた。

 新卒で大手人材派遣会社に就職し、海外留学などを経て外資系企業に転職したA子さん。結婚・出産は「ご縁があれば」と思っていたら、あっという間に30代半ばが迫っていた。「今お付き合いしている人はいないし、すぐ結婚したいという強い願望があるわけでもない。でもこのままだと、自分の子を持たない未来になるのかな……」

 大学で遺伝子の研究をしていたこともあり、若い卵子のほうが出産につながりやすく、凍結保存は「合理的だ」と思った。検査で、卵子の数が平均より多く、1度の手術である程度の数が採れそうだとわかった。

 「自分の子どもを持つという未来の可能性を残すために、今できることはしておきたい」。職場で40代の先輩たちが不妊治療で悩むのを見てきたことも決心した理由のひとつだ。

 自然妊娠で自分を産んでくれた両親には猛反対された。

 大学病院で卵子凍結を行ってきた経験がある菊地いわほ医師が院長を務める「メディカルパーク横浜」で5月に10個、9月に6個の卵子を凍結保存した。2回の手術と4年間の保存費用も合わせて、一連の費用は約140万円だった。

 採卵までの1~2週間は、卵子を適切な大きさや数に育てるため、毎日決まった時間にホルモン剤を自ら腹部に注射する。個人差はあるが、A子さんの場合は副作用でむくみやだるさが生じ、体重が2キロ増えた。頻繁な通院も必要で、「リモートワーク中だったから、なんとか乗りきれた」という。

 A子さんは「私は経済的に余裕があり、身体的にも性格的にも卵子凍結に適していると思ったので、やって良かったと思います。婚活もがんばらなくちゃっていう気持ちにもなりました。でも、決して負担は軽くはないので、推奨するわけではありません」と強調した。

過度の期待は危険

 もともと卵子の凍結は、病気治療の過程で妊娠できなくなる恐れがある女性に限って認められていた。日本生殖医学会が2013年、健康な未婚女性が将来の出産に備えるために行うことを認める指針を発表した。一方で、日本産科婦人科学会(日産婦)は、高齢出産を助長しかねないとして「推奨しない」立場だ。

 日産婦に登録している卵子凍結の実施施設は年々増え、今年9月時点で133施設ある。このうち健康な未婚女性のケースを扱う施設数は明らかではない。

 「後からすぐに出産できる」「産み時が選べる」と、過度に期待するのは危険だという指摘がある。

 東京大学医科学研究所先端医療研究センターの神里彩子准教授=写真=は「まだ新しい医療技術で、凍結卵子で出産につながる確率や、遺伝子に与える影響などについてはまだ十分に検証されていません。ひとつの選択肢ではあっても、安易に『卵子凍結すれば大丈夫』と考えるのは危険です」と警鐘を鳴らす。

 体外受精の際に、凍結した卵子すべてが受精卵になるとは限らない。受精卵を子宮に戻す時期が高齢になるほど妊娠の確率は下がり、流産のリスクや高齢出産の危険性が高まる。医療機関による技術差もあり、採卵の過程で臓器が傷つくなどの可能性も軽視できない。

 神里さんは「高額な費用やリスクを負っても出産につながる保証はなく、何か起きても『自己責任』とされかねません。医療機関は正しい知識を十二分に伝え、女性もしっかり検討する必要があります」と話した。

「老化」認識不足

 すべての女性が、卵子の老化について十分認識しているとは限らない。

 「子どもを授かることがどれほど奇跡的なことか、この年になるまでよく分かっていませんでした」

 こう話すのは千葉県に住む独身のB子さん(35)。今春、月経周期の乱れや重い生理痛が続いて子宮の病気が判明し、卵子の数が同年代の平均より少ないこともわかった。このとき卵子の老化について初めて知り、卵子凍結を検討しているという。B子さんは「無知のまま放置していたと知り、悔しい」と声を振り絞るように話した。

京野広一理事長
京野広一理事長

 卵子凍結を扱う京野アートクリニック高輪(東京)の京野広一理事長は「卵子の老化を知らないまま40歳を過ぎ、『どうしよう』と駆け込んで来る女性は多い。若い時から知識として備えられるよう、教育の機会などを通じて周知することが重要です」と指摘した。

専門医に聞く

菊地盤院長
菊地盤院長

 メディカルパーク横浜・菊地盤院長に聞いた。

Q)卵子の凍結保存とは。

A)卵巣に針を刺し、取り出した卵子を凍結保存することです。卵子は加齢とともに質が低下し、数も減り、妊娠しにくくなったり流産しやすくなったりする原因になります。凍結することで卵子の老化を止めることができます。

Q)年齢制限はありますか。

A)妊娠・出産の確率を高めるためには、できるだけ若いほうが良いと考えます。日本生殖医学会の指針では、健康な女性の場合、採卵は36歳未満が望ましいとされています。

Q)費用は。

A)クリニックによって異なり、薬の量や採卵回数、保存期間によって数十万~100万円以上と幅があります。

Q)どんなリスクが考えられますか。

A)卵巣過剰刺激症候群などが考えられます。卵巣が排卵誘発剤で過剰に刺激されて膨れあがり、おなかや胸に水がたまったり、腎不全や血栓症などの重篤な合併症を起こしたりする危険があります。

多様な生き方 選択に迷い

 20~30代女性向けのウェブメディア「日経doors」が昨秋実施した卵子凍結に関する読者アンケート(回答者97人、うち6割が独身)では、「興味がある」という回答が7割だった。理由は「パートナーが見つからない」「キャリアを優先したい」より、自分の結婚や妊娠のイメージがわかないことを挙げた人が多かった。

 小田舞子副編集長=写真=は「女性の社会進出が当たり前になり、生き方が多様化したことで、かえって選択に迷い、葛藤する女性も出てきたのでは。そうした女性が決断を先延ばしするために卵子凍結を選ぶのは、リスクの割に思ったほどの切り札にはならないかもしれません。女性が結婚・出産に前向きになるには、産みやすい、子育てしながら働きやすい社会でなければなりません」と話した。

[あとがき]変化した社会 変わらない体

 日経doorsのアンケートに「そこまでして産むことにエゴを感じる」との意見があった。そうかもしれない。菊地院長は「本当は卵子凍結を選ばなくてよい社会になるのが一番」と。その通りだろう。保存期間中に産む環境にならず、あきらめざるをえないケースもある。

 でも「婚活がうまくいかず、お金と時間が消えていく。一息つきたくて、でも、何かしておきたくて卵子凍結を考えたというのもあります」と話すB子さんの思いもわかる。パートナーがいても、仕事など様々な理由で妊娠を先延ばしするために検討する人もいるという。変化した社会と変わらない体。私たちはそのはざまにいる。(藤井)

[お便り]憂鬱が晴れますように

 東京のカメりんごさん(61)の便りです。〈参考になる記事は食い入るように読んでいます。海外で子無し離婚し、その後帰国しました。仕事と母の介護の日々です。考えるのは一人になったときの事。持ち物の整理や手続き等を考えて憂鬱ゆううつになります〉。憂鬱なとき、ありますよね……。解決にはならないと思うのですが、こうして誰かと分かち合うと、少しは気が晴れるかもしれません。

 ご参考になるかどうか、当ぺージが本になります。「読売新聞『シングルスタイル』編集長は、独身・ひとり暮らしのページをつくっています。」。妙なタイトルですみません。「ひとり」のお話が満載です。出版は12月10日(中央公論新社、税別1500円)です。(編集長 森川暁子)

無断転載・複製を禁じます
1644104 0 シングルスタイル 2020/11/22 05:00:00 2020/12/23 18:25:38 凍結卵子の記録書類。横浜市で。2020年10月20日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201121-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)