文字サイズ
    プロレス史に残る事件・出来事の真相に迫ります。

    いじめ甲斐があったキューティー…尾崎魔弓<2>

    • 「最初は嫌だったヒールが、だんだんおもしろくなりました」©OZアカデミー女子プロレス
      「最初は嫌だったヒールが、だんだんおもしろくなりました」©OZアカデミー女子プロレス

    ジャッキーと神取、壮絶喧嘩ファイト

     <旗揚げ当時、ジャパン女子プロレスは、ジャッキー佐藤、ナンシー久美、風間ルミ、神取忍のいわゆる四天王がトップを務めていた。そうした中、ジャッキーと神取の確執が深まり、87年7月、後楽園ホールでの試合でプロレス史に残る壮絶な喧嘩(けんか)ファイトを繰り広げることになる。尾崎もセコンドとして、その試合を目の当たりにした>

     どちらの側に付くということではなく、リング下で試合を見ていました。まだ2年目の新人だったので、何が起きているのか、全然わからない。とにかく怖くて泣きながら見ていたことは覚えています。二人はどうも仲がよくないな、ぐらいのことはわかっていましたが、まさかああいう試合になるとは夢にも思っていないわけですよ。ただ、いま自分がベテランになってから思うのは、あれはお客さんに見せる試合じゃないなと。あれはないだろう、と思います。

    嫌だったヒール転向

     <デビューから1年、尾崎はヒールに転身する。幹部からヒール転向を言い渡された尾崎は、強く断ったという>

     元々、リングネーム自体が、「魔弓」でヒールっぽいじゃないですか。これは秋元康さんが付けてくれて、最初「嫌だ」と言ったんです。本名を1字違えているだけだし、私は「ライオネス飛鳥」のように、上にカタカナが付いているリングネームがかっこいいと思っていましたから。そうしたら、新しく考えてくれたのが「魔弓」で、尾崎をとっただけなんですよ。キューティー(鈴木)なんて、最初は「アップル鈴木」だったのを、「嫌だ」と言ったら、考え直してくれているのに、私の場合は、上をとっただけですからね。扱いが全然違うじゃないかって。

    • 「とくにキューティーはいじめ甲斐(がい)がありましたね」(撮影 高梨義之)
      「とくにキューティーはいじめ甲斐(がい)がありましたね」(撮影 高梨義之)

     ヒール転向は、デビューから1年ほどして言われました。巡業先で、グラン浜田さんに呼ばれて、「お前、あしたからヒールになれ」って。「嫌だ」と断ると、「じゃあ、今すぐ帰れ」と言うんです。それも「嫌だ」と。でも、次の日、もう悪い人とタッグを組まされていて、試合をやるしかないわけですよ。

     ほんと、嫌で嫌でたまらなかったヒール役が、少しおもしろく感じられるようになったのは、風間さんとジュニアのベルトを巡って抗争を始めてからですね。まだ18歳のころですよ。タイトルマッチで、回し蹴りにきた足を受け止め、体ごと後ろに投げつけ、そのままブリッジで抑え込んで勝ったのです。

     当時、風間さんはアイドル的な売り出し方をしていて、いじめやすかったですね。彼女がグラビアを飾った雑誌を投げつけてやって、「お前、それでもプロレスラーかよ」と言ったら、「仕事なんだよ」と返されて、びっくりしましたけどね。

     あといじめ甲斐(がい)があったのは、やはりキューティー鈴木ですね。キューティーはけがこそしないのですが、プロレス自体は弱くて下手だったので、いじめるのには、ほんと一番の獲物でした。すごくおもしろかった。本人をいじめるより、こういうことやられたらファンは嫌だろうと考えて、試合をしていました。お客さんの反応がおもしろいんですよ。本気で怒ったりしますから。ブーイングされたりね。そうやっていると、自然とヒール役がおもしろくなってきたのです。ただ、ダンプ松本さんみたいに、石投げられたということはないですね。男性ファンがメインでしたから。そういう意味では、女性のファンの方が罵声(ばせい)もきついし、怖いですね。

     (続く、文中一部敬称略)(聞き手・構成 メディア局編集部 二居隆司)

    <尾崎魔弓=おざき・まゆみ>
     1968年生まれ。埼玉県川口市出身。158センチ、54キロ。86年、ジャパン女子プロレス入団。同年8月17日の同団体旗揚げ興行で、エステル・モレノと組んでの対剣舞子、レイナ・ガルコス戦でデビュー。87年、風間ルミを破り、JWP認定ジュニア王座を獲得。92年、ジャパン女子解体後、JWP女子プロレスに入団。WWWA世界タッグ、JWP認定タッグなどの各ベルトを獲得する。96年にヒール養成を目的としたユニット、OZアカデミーを設立。97年からフリー。98年にOZアカデミー女子プロレスを旗揚げし、以後、定期的に興行を行っている。12月4日は、東京・後楽園ホールで「唸れ! 豪腕」を開催。詳しくは、OZアカデミーHPで。 http://oz-a.com/index.html
    2014年11月25日 08時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ