【バリアフリーの温泉宿】海を見晴らす絶景のバリアフリールーム

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

三重県白山荘温泉・ 鳥羽(とば) グランドホテル

      ●バリアフリー情報
     ・バリアフリー対応客室が1室
     ・露天風呂付き客室も3室ある
     ・大浴場も比較的段差が少ない

ロビーでは全面ガラス張りの窓に海の景色が広がり、海に浮かんでいるよう
ロビーでは全面ガラス張りの窓に海の景色が広がり、海に浮かんでいるよう

 玄関から一歩足を踏み入れると現れるのは、一面の海景色。高台に立つ鳥羽グランドホテルのロビーからは、三ツ島やカキの養殖(いかだ)が浮かぶ波穏やかな小浜湾を見渡せる。刻々と表情を変える風景に、ロビーで何時間も海を見て過ごす客もいるそうだ。

 そんな眺望抜群のホテルがあるのは、鳥羽駅から1.5キロほどの海岸線。周辺には車で約25分の伊勢神宮や車で5分の鳥羽水族館など見どころが多く、アワビや伊勢エビなど海の幸も豊富だ。さまざまな年代の宿泊客に愛されてきた歴史があり、女将(おかみ)の上野みすずさんは「お子さまから高齢者の方、車いすのお客さまも、すべての方にくつろいでいただけるアットホームなおもてなしを心がけています」と話す。

露天風呂付き客室も3室

 8階建ての館内は比較的段差の少ない造り。82の客室すべてがオーシャンビューだ。車いすで最も宿泊しやすい部屋は、最上階「桜フロア」にある特別室「803」。2016年に8階を全面リニューアルし、特別室の1室をバリアフリー対応にした。

バリアフリー対応の桜フロア「803」号室。白木を用いた室内は格調高く落ち着いた雰囲気
バリアフリー対応の桜フロア「803」号室。白木を用いた室内は格調高く落ち着いた雰囲気

 特別室「803」は、入り口からフローリングの緩やかなスロープを上がるとさっと視界が開けて、窓の外に鳥羽の海が広がる光景が感動的だ。12畳和室とツインベッドルームを備えた和洋室で、和室部分は腰掛けやすいよう39センチ高くしている。室内に段差はなく、車いすで入れる広さのトイレ、浴室、洗面所が付いている。浴室の湯は温泉ではないが、湯船の脇に腰掛け台があり、入浴しやすいように配慮されている。

 客室ではほかに、2階に温泉露天風呂付き特別室「静の海」3室もある。入り口に15+12センチの段差がある和室だが、部屋でゆっくり温泉につかりたい場合にはおすすめ。テラスにある露天風呂からは、手が海に届きそうだ。

 展望大浴場は内湯まで段差が2か所ほどあり、露天風呂へは階段がある。

夕食のバイキングの名物「伊勢海老鍋」
夕食のバイキングの名物「伊勢海老鍋」

 夕食は、会席かバイキングが選べる。どのプランでも伊勢エビが味わえるなど、海の幸がたっぷり。バイキングではライブキッチンで調理する名物「伊勢海老鍋」や牛フィレ肉のステーキも人気だ。充実した館内施設と料理、さらに刻み食やペースト食にも対応するなど、「できるだけのおもてなしを」の温かい気持ちを感じる。

 文/中元千恵子

鳥羽グランドホテル
 【住所】鳥羽市小浜町239-9
 【問い合わせ】電話0599・25・4141/FAX0599・25・7003
 【料金】桜フロア特別室(バリアフリー対応)は1室2人利用で夕食バイキングの場合、1泊1人平日2万2000円から、1室3人以上の場合は同2万900円から。「静の海」は1室2人利用で夕食が部屋会席の場合、同3万3000円から。
 【客室】82室(全室温水洗浄便座トイレ付き)
 【温泉】炭酸水素塩泉
 【風呂】内湯男女各1、露天男女各1、客室露天3
 【交通】伊勢二見鳥羽ライン鳥羽ICから国道42号経由4キロ/JR・近鉄鳥羽線鳥羽駅から送迎5分(14時50分~18時の間に無料シャトルバスがピストン運行)
 【ホームページ】https://jgh.jp/

 (月刊「旅行読売」2019年11月号から)

 これまでの「たびよみ」は、コーナーのタイトルを「旅行読売セレクト」に変更しました。

◆月刊「旅行読売」
 1966年創刊。「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。最新号や臨時増刊などの案内はこちら

無断転載禁止
833314 0 旅行読売セレクト 2019/10/10 05:20:00 2019/10/10 05:20:00 2019/10/10 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191004-OYT8I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ