全国に誇る肉&野菜王国・群馬県の道の駅めぐり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

上州牛・麦豚を目当てに客が続々…玉村宿

上州牛と上州麦豚は群馬県が全国に誇るブランド肉=道の駅 玉村宿
上州牛と上州麦豚は群馬県が全国に誇るブランド肉=道の駅 玉村宿
軍配山ラーメン黒(750円)=道の駅 玉村宿
軍配山ラーメン黒(750円)=道の駅 玉村宿

 群馬県には32の道の駅があり、中でも各メディアで行う道の駅ランキングで1位に輝くことの多い道の駅「川場田園プラザ」は有名だ。施設が充実した“滞在型”の筆頭格だが、県内にはテーマをしぼった個性派も多い。

 訪れた道の駅「玉村宿」も個性派の一つ。関越道高崎玉村スマートICの隣にあり、国土交通省の「一時退出実験試行箇所」に指定されている。ETC2.0搭載車であれば、高速道を降りて道の駅に立ち寄り、1時間以内に戻れば、降りずに目的地に行く場合と同じ料金となる。

 それ以上に、「肉の駅」を兼ねていることが魅力大。そもそも群馬県は畜産が盛んで、駅長の筑井俊光さんが「玉村町には全国で唯一、食肉のプロを育てる公的な食肉学校があるほど」と教えてくれた。

 そのため肉が目的の客は多い。直売所には上州牛や上州麦豚の生肉が充実し、食肉学校の生徒が作ったベーコンも売っている。

 群馬県食肉卸売市場の直営店では、各種総菜を販売。上州牛すき焼きコロッケ(120円)、上州麦豚ロースカツ(250円)など手頃な価格がうれしい。冷凍物ではなく、注文を受けてから揚げるので衣はサクサク、中はホクホク。上州麦豚たまカツ(100円)はミルフィーユ状に肉を重ね巻きにして揚げている。「肉の層から染み出す肉汁がたまらないですよ」と店長の松岡弘光さんは自信に満ちた笑顔を見せる。

 常連の中には総菜をトッピングし、隣の「Tama亭」でカレーやラーメンと一緒に食べる人もいるという。素揚げした地野菜を添えた玉村カレー、上州麦豚のソースカツ丼などメニューは豊富。真っ黒なスープが特徴の軍配山ラーメン黒には、手のひらほどの大きさの上州麦豚の自家製(あぶ)りチャーシューが載っている。

レタス収穫で滴る栄養分に大興奮…あぐりーむ昭和

「これがおいしいよ」と倉澤さんにすすめられたレタスを収穫体験=道の駅 あぐりーむ昭和
「これがおいしいよ」と倉澤さんにすすめられたレタスを収穫体験=道の駅 あぐりーむ昭和
天然温泉を注ぐ広々した足湯は利用無料=道の駅 あぐりーむ昭和
天然温泉を注ぐ広々した足湯は利用無料=道の駅 あぐりーむ昭和

 さて次はどこへ? 県内各所に道の駅があるので選択肢は多い。選んだ先は、道の駅玉村宿から関越道を走って30分ほどにある道の駅「あぐりーむ昭和」。“首都圏の台所”をうたう昭和村にある。村の40.9%が畑、人口の18.1%が農業就業者。まさに野菜王国だ。

 昭和ICを降りてすぐ。赤城山、武尊(ほたか)山、谷川連峰など名だたる山々を見渡し、道の駅の裏手一面には畑が広がっている。

 「そんな景色の中、ガイドの案内であぜ道を巡る『歩Looking(アルッキング)』もおすすめ(1人500円)。野菜たちの元気な姿を見ながら、土や葉のにおいを感じてほしい」と駅長の倉澤新平さん。

 一推しの魅力はやはり野菜だ。9月下旬まで楽しめるレタスの収穫体験(2個500円)をはじめ、9月上旬まではトウモロコシ狩り(2本500円)、ミニトマト摘み(500円)もできる。ミニトマトは袋に詰め放題で、大変お得である。

 倉澤さんの指導でレタス収穫を初体験。外側の硬い葉をよけて少しレタスを傾け、根元に見える白い茎をスパッと切る。白い液体が滴り落ちたが、これはラクチュコピクリンという栄養分で新鮮な証し。レタスの語源がラテン語で「乳」を意味し、和名が「乳草」なのも納得。安眠効果が期待できる栄養分だそうで、絵本「ピーターラビット」でレタスを食べたウサギが眠くなる場面が思い出された。

 クレープ屋「LACTUCA(ラクチュカ)」では、そんなレタスをスイーツ感覚で楽しめる。たっぷりのレタスを昭和村産そば粉で作った生地で包んで提供する(プレーン430円から)。

 直売所「旬菜館」では、大根100円、キャベツ110円などの安さにあれもこれもと衝動買い。安くて新鮮な野菜で、車のトランクルームは埋まってしまった。

 文・写真/松田秀雄

 

道の駅 玉村宿

 電話/0270・27・6688

 住所/玉村町上新田604-1

 営業/直売所=9時30分~19時、肉の駅・Tama亭=9時30分~18時30分。第3水曜、年末年始休

 交通/関越道高崎玉村スマートICからすぐ

道の駅 あぐりーむ昭和

 電話/0278・25・4831

 住所/昭和村森下2406-2

 営業/旬菜館=9~18時、足湯=10時~17時30分、LACTUCA=10~16時(10月までの土・日・祝日は16時30分まで)など。1月1日、1月第3火曜休(LACTUCAは水・木曜も休。1~3月は土・日・祝日のみ営業)

 交通/関越道昭和ICからすぐ

(月刊「旅行読売」2018年9月号より)

 月刊「旅行読売」は、1966年創刊。「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。最新号や臨時増刊などの案内は こちら

無断転載禁止
38842 0 たびよみ 2018/08/31 05:20:00 2018/08/31 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180827-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ