[バリアフリーの温泉宿]沼田や尾瀬の観光拠点に

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

群馬県老神温泉・観山荘

●バリアフリー情報
・バリアフリーの貸し切り露天風呂
・段差の少ない露天風呂付き客室6室
・簡易ベッドも3、4台用意

特別室「かんざん」。マッサージチェアも備える
特別室「かんざん」。マッサージチェアも備える

 群馬県北部の沼田市は、「東洋のナイアガラ」と呼ばれる「(ふき)(われ)の滝」や真田氏の居城だった沼田城跡などの観光名所で知られる。市内にある老神(おいがみ)温泉は、沼田や、少し足を延ばした尾瀬国立公園の観光拠点と親しまれている。

 温泉街は片品川の渓谷沿いに続き、雄大な自然に包まれるように十数軒の宿が立つ。

 その一軒の観山荘は5階建て、全35室の和風旅館。もともと段差の少ない造りだったことに加え、スロープや手すりを設置して、バリアフリー化を進めてきた。2006年には最上階をフロアごと改装し、「こだま亭」と名付けて温泉露天風呂付き客室6室を新装。同じ階に車イス対応のトイレや、バリアフリーの貸し切り露天風呂も造った。

 「完全なバリアフリーではないのですが、できるだけの努力をして多くの方にご利用いただきたいと思っています」と3代目社長の萩原忠和さん。スタンダード客室の和室に簡易ベッドを置き、身体に障がいがある児童らの団体旅行などにも対応しているという。

 玄関を入ってスロープを上ると、ロビーや廊下は広く平らで移動しやすい。

展望露天風呂付き「和室7.5畳」の室内
展望露天風呂付き「和室7.5畳」の室内

 客室で段差が少ないのは5階「こだま亭」にある展望露天風呂付きの6室。特別室「かんざん」1室、和洋室「ひうち」1室、「和室7.5畳」4室の3タイプがある。

 6室とも入り口に10センチ、1歩ほど進むとさらに4センチ程度の段差があるが、トイレやベランダの仕切りなどは平らで、室内に段差はない。各部屋とも和室にフローリング部分が続き、その先のベランダに源泉かけ流しの展望露天風呂がある。湯船からは、新緑や紅葉など季節ごとに変わる山の風景が眺められる。

 「ひうち」はベッド2台を備え、特別室「かんざん」は3間続きなど、部屋ごとに少しずつ趣が異なる。6室とも通常の洋式トイレが付いているが、同じ階に車イスで入れるトイレも備えている。

 5階には、バリアフリー対応の貸し切り露天風呂「山なみの湯」(50分3240円)もある。スロープを上れば、段差なく湯船に近づける。湯船脇には高さ約42センチの腰掛け台があるので、車イスから移動しやすい。1階にある大浴場の内湯も、段差の少ない造りだ。

奥利根もち豚のしゃぶしゃぶが付いた夕食の一例
奥利根もち豚のしゃぶしゃぶが付いた夕食の一例

 夕食は、地元の旬の食材を使った月替わりの会席料理。奥利根もち豚のしゃぶしゃぶや上州牛ステーキ付きなどのプランがある。

 老神温泉では、毎年4月20日~11月20日、名物の朝市が毎日開かれる。星空観察会やひな祭りなど、季節ごとのイベントも楽しみだ。

 文/中元千恵子

老神温泉 観山荘

 【住所】沼田市利根町老神612

 【問い合わせ】電話0278・56・2323/FAX0278・56・3450

 【料金】5階「こだま亭」は1室2人で利用の場合、1泊2食1人平日1万7430円から。スタンダード客室(和室12.5畳)は同1万3110円から

 【客室】 35室(全室温水洗浄便座トイレ付き)

 【温泉】アルカリ性単純硫黄泉

 【風呂】大浴場男女各1、貸し切り露天2、客室露天6

 【交通】関越道沼田ICから国道120号経由14キロ/上越新幹線上毛高原駅から「鳩待峠行きバス連絡所」行きバス1時間、老神温泉下車すぐ。上越線沼田駅から「大清水」行き、または「鳩待峠行きバス連絡所」行きバス40分、老神温泉下車すぐ

 【ホームページ】https://hpdsp.jp/kanzanso/

(月刊「旅行読売」2018年10月号より)

 月刊「旅行読売」は、1966年創刊。「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。最新号や臨時増刊などの案内は こちら

39544 0 たびよみ 2018/09/06 05:20:00 2018/09/06 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180903-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ