火山島特有の景観と野鳥観察が楽しめる三宅島へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

明治期の灯台が立つ伊豆岬は夕日スポットとしても人気(写真/三宅島観光協会)
明治期の灯台が立つ伊豆岬は夕日スポットとしても人気(写真/三宅島観光協会)

 早朝5時。東京竹芝桟橋を前夜に()った東海汽船が三宅島に到着した。東京から南へ約180キロ。6時間30分の船旅だ。島の玄関口は錆ヶ浜(さびがはま)港、三池港、伊ヶ谷(いがや)港の3か所があり、どの港に入るかは当日の風や波の状態で決まる。それに合わせて、ホテルや民宿のスタッフが港まで迎えに来てくれて、そのまま宿で朝食を食べたり、大広間で休憩したりできる所も多い。

 しばし仮眠を取り、元気になったところで島内一周に出発。三宅島観光協会には電動アシスト付きレンタサイクル(要予約、半日1500円から)があり、走るだけなら3時間ほどで島を一周できる。

火山体験遊歩道の校舎。2階まで溶岩に埋まったが、人的被害はなかった
火山体験遊歩道の校舎。2階まで溶岩に埋まったが、人的被害はなかった

 三宅島は約20年周期で噴火を繰り返してきた火山島だけに、すり鉢状の噴火口が望めるひょうたん山、溶岩や火山灰が積もった火砕丘の新鼻(にっぱな)新山(しんざん)など、火山活動でできた絶景が各所で見られる。なかでも、火山体験遊歩道は圧巻だ。1983年に噴き出た溶岩流が集落をのみ込み、学校の校舎でせき止められた約19ヘクタールの溶岩原を、木道から一望できる。荒涼とした溶岩原には草木が芽吹いていて、何度も破壊と再生を繰り返してきた島の歴史が感じられる。

 島の南側にある火山湖の大路池(たいろいけ)の散策もおすすめだ。スダジイ、タブノキなどの照葉樹林が湖畔に広がり、アカコッコやタネコマドリ、イイジマムシクイなど希少な野鳥が数多く生息している。湖畔を一周する遊歩道を歩くと、溶岩原とは違った穏やかな景色に安堵(あんど)する。野鳥のさえずりが聞こえ、小さな島ながらさまざまな景色に出合える。それも三宅島の魅力だ。

食材をすべて島内産にこだわった「サバサンド」
食材をすべて島内産にこだわった「サバサンド」

 2日目は東京行きの船が13時35分に発つ。出発港も当日決まるので注意しよう。この日は錆ヶ浜港。船客待合所2階のサバサンドカフェで昼食にサバサンド(500円)を味わった。甘辛い蒲焼(かばや)き風のゴマサバと島野菜をコッペパンで挟んだご当地グルメで、酸味の利いたオニオンドレッシングがよく合い、クセになる味だ。

 1泊でも十分に楽しめるが、2泊、3泊して隠れた魅力を探したくなった。

 文・写真/内田晃

【アクセス】東京竹芝桟橋から東海汽船6時間30分(1日1往復)。調布飛行場から新中央航空50分(1日3往復)
【問い合わせ】三宅島観光協会/電話04994・5・1144

◆月刊「旅行読売」
 1966年創刊。「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。最新号や臨時増刊などの案内はこちら

無断転載禁止
678096 0 たびよみ 2019/07/11 05:20:00 2019/07/11 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190705-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ