こころ家(愛知県一宮市浅井町西浅井)

油淋鶏(ユーリンチー)風唐揚げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

油淋鶏風唐揚げ(8日午後4時1分、愛知県一宮市浅井町の「こころ家」で)
油淋鶏風唐揚げ(8日午後4時1分、愛知県一宮市浅井町の「こころ家」で)

◇さっくり歯応え 甘辛味で

 簡単で、誰でも作れます。かつては「まかない料理」でしたが、味見をした常連客の「おいしいから、ぜひメニューに」という強い一言で提供するようになりました。さっくりした「唐揚げ」と、甘辛いタレの味わいが絶妙です。材料は2人前で紹介します。

 鶏のモモ肉2枚(500グラム)を用意します。1枚を4分の1の大きさに切ってボウルに入れ、おろしショウガ、塩、こしょう、料理酒(いずれも少々)で下味を付けます。そのまま10分間おいて味をなじませた後、かたくり粉をまぶして下準備完了。170度の油でキツネ色になるまで揚げたら、「唐揚げ」のできあがりです。

 唐揚げの上にかけるタレは、ポン酢150ミリ・リットル、ゴマ油大さじ1、砂糖大さじ2、粉唐辛子(一味)小さじ2分の1、ラー油小さじ2分の1、多めの刻みネギ30~40グラムをボウルの中で混ぜるだけ。このタレを唐揚げにかけます。料理の下にキャベツを敷くと、よりヘルシーに。お店では秘伝の方法で驚くほど鶏肉を軟らかくして、税込み550円で提供しています。

 10種類以上のスパイスで作り上げた「カレーうどん」が看板メニュー。中でも「台湾カレーうどんセット」(税込み1000円)は、辛い味付けの「台湾豚ミンチ」と卵黄、ご飯もついていて、「くせになる味」とファンも多いです。ぜひ堪能してください。

「こころ家」店主の大西善之さん(8日午後3時55分、愛知県一宮市浅井町の「こころ家」で)
「こころ家」店主の大西善之さん(8日午後3時55分、愛知県一宮市浅井町の「こころ家」で)

 大西善之さん 43

 喫茶店店員やバーテンダーなどを経験しながら、料理の腕を磨いた。柳橋中央市場(名古屋市中村区)のカツオ節店で約10年働いていたこともあり、提供する料理のダシには人一倍のこだわりがある。人気の「味噌(みそ)煮込み定食」(税込み1000円)は、普通、硬め、きしめんの3種類の麺から選べる。営業時間は午前11時半~午後3時(ラストオーダー午後2時半)と、同5時半~同9時(同午後8時半)。休みは原則、毎週月曜。(電)0586・78・8899。

無断転載禁止
7728 0 推しメシ☆料理人編 2018/02/10 05:00:00 2018/02/10 05:00:00 油淋鶏風唐揚げ(8日午後4時1分、愛知県一宮市浅井町の「こころ家」で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180215-OYTAI50004-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ